IDとアクセス管理

RSA SecurID Suiteは、アクセス管理と認証、IDガバナンスとユーザー ライフサイクル管理という異なる分野を、単一の包括的なスイートに統合します。リスク分析を使用してIDおよびアクセス保証を提供することにより、従来のIDとアクセス管理システムよりも、はるかに優れた機能を実現します。これにより、組織は2つの基本的な課題を解決することができます。つまり、ユーザーが本当に本人であることを確認し、そのユーザーに適切なレベルのアクセス権を提供することができます。

RSA SecurID Access

クラウドかオン プレミスかに関わらず、ユーザーがあらゆるデバイスでどこからでも、必要なアプリケーションに、便利で安全なアクセスができるようにします。RSA SecurID Accessは、エンタープライズ クラスの多要素認証およびアクセス管理ソリューションです。これにより組織は、動的なリスク主導型アクセス ポリシーを一貫して一元的に適用し、継続的でシームレスな認証を提供できるようになります。プッシュ通知、生体認証、OTP、SMS、従来型のハードウェアおよびソフトウェア トークンなどの広範な認証方式で、すべてのリソースを保護します。

RSA Identity Governance & Lifecycle

RSA Identity Governance & Lifecycleは、企業全体にわたるユーザー アクセスの管理方法をシンプルにします。ユーザー資格情報の監視、レポート作成、認証、修正を完全に自動化することにより、組織が持続可能なコンプライアンスを達成できるようにします。RSA Identity Governance & Lifecycleは、合理化され、自動化されたアクセス リクエスト、承認、履行、プロビジョニング解除のプロセス(組み込み型のポリシー制御機能を含む)を提供します。これにより、セキュリティ チームは、誰が何に対するアクセス権を持っているかを完全に制御して、可視化できます。

Benefits

  • 俊敏性の向上:RSA SecurID Suiteにより、組織はビジネスのスピードに対応して、IDを管理できます。これにより、組織は、迅速に拡張して新しいテクノロジーを採用する柔軟性を獲得する一方で、データ侵害やコンプライアンス違反のリスクを低減できます。

  • 信頼性の浸透:RSA SecurID Suiteは独自のIDおよびアクセス保証機能を通じて、ユーザーが本当に本人であることを確認し、システムやアプリケーションへの適切なレベルのアクセス権を受け取れるようにします。

  • アクセス保護を拡張:RSA SecurID Suiteは、従来型、Web、モバイル、SaaSのすべてのアプリケーションにわたるアクセス保護を強化し、オン プレミス アプリケーションに対する現在のセキュリティ テクノロジー投資の価値を高めることができます。

  • セキュリティの負担を軽減:RSA SecurID Suiteを使用すると、組織やユーザーにセキュリティの負担がなくなり、IDとアクセス管理は、円滑化、自動化、継続化、リスク対応を実現します。

  • IDとアクセス管理を容易に実現:RSA SecurID Suiteにより、必要なアプリケーションへの便利でシームレスなアクセスが可能になります。同時に、柔軟性、拡張性、安全性を備えているだけではなく、展開と管理が容易なIDとアクセス管理システムを、IT部門に提供します。

  • リスクの明確化:ビジネスが負っているリスクを把握することで、RSA SecurID Suiteは、アクセス アクティビティの優先順位を付けて、セキュリティの強化と監査パフォーマンスの向上につながる実践的な洞察を有効にします。