アクセス性をセキュリティと引き換えにしない、またはその逆もしない

機密性の高いリソースへのアクセスを保護しながら、必要なユーザーがアクセスしやすいようにするにはどうすればよいでしょうか?

リスクベース認証は、アクセスの試行がもたらすリスクに応じて、アクセスを容易にしたり困難にしたりすることで、この問題に答えます。

コンテキストベースの評価

RSAリスクベース認証は、データ収集、デバイスマッチング、異常検知、行動分析などの技術やテクノロジーを使用して、アクセス試行のコンテキストを判断します。誰がアクセスを要求しているのか、どこにいるのか、どのようなデバイスを使用しているのかを調べます。そして、そのコンテキストに基づいて、アクセスリスクを評価します。

機械学習

RSAリスクベース認証は、アクセス要求がもたらすリスクを評価するだけでなく、その評価から学習し、その知識を今後の要求に適用します。例えば、同じユーザーが毎日同じデバイスから同じリソースへのアクセスを要求しても、チャレンジされることはありません。しかし、同じユーザーが新しいデバイスでアクセスを要求した場合は、チャレンジされることになります。

認証の選択肢

アクセス・リスクのレベルが、もう1つの認証要素を必要とする場合、RSAの多要素認証(MFA)は、強力な認証のための幅広い選択肢を提供します。これにより、正当なユーザーに不必要に高い負担をかけることなく、不正な試みによるアクセスを防ぐことができます。

デモをリクエスト

RSAへのご関心ありがとうございます