モバイル デバイスからの安全なアクセス

企業が従業員に対してモバイル デバイスをプロビジョニングするケースが増えています。これは、ナレッジ ワーカーだけではありません。今や幅広い現場作業者がモバイル デバイスを使用して、社内ネットワークに保存されているトレーニング資料や技術文書へのアクセスから、拡張現実アプリケーションの利用まで、さまざまなアクティビティを実行しています。RSA SecurID Accessを使用して、ネネットワークに接続するモバイル デバイスを認証できます。

RSA SecurID® Access

多要素認証およびアイデンティティ管理ソリューションにより、クラウド/Webベース/SaaSアプリケーション、ネイティブのモバイル アプリケーション、VPN、ファイアウォール、仮想デスクトップ、WindowsおよびLinuxサーバなど従来型エンタープライズ リソースに対して、強力で安全なアクセスおよびシングル サイン オン機能を提供します。モバイル ユーザーの認証は、ソフト トークン、ハード トークン、生体認証など、さまざまな機能を通じて行うことができます。

Benefits

  • セキュリティ リスクを軽減しながら、より幅広い従業員がモバイル デバイスを使用できるようになることで、これらのデバイスの新しい革新的な利用を実現できます。

  • (多要素認証やシングル サイン オンなどの)安全で便利なアクセス制御によって、アクセス リクエストとログイン試行の正当性を確認し、ビジネス リスクを削減します。

  • モバイルでの生体認証など新しく使いやすい認証方法をはじめ、非常に幅広い認証機能を提供します。

  • クラウド アプリケーション、モバイル アプリケーション、Webベース アプリケーションへのシングル サイン オンにより、組織のIDドメインがすべて確実に保護されます。

  • 実証済みのテクノロジー:RSA SecurID Accessは、25,000の組織と5,500万人のユーザーを保護しています。

  • 機密性の高いユーザー認証情報をオン プレミスで安全に保持しながら、組織は、企業ネットワークの内外にある任意のデバイスから企業リソースへのアクセスを提供できます。

  • ユーザーに安全で便利なモバイル アクセスを提供するために考えられた、非常に幅広い認証ソリューションを通じて、ビジネスの俊敏性を高め、ユーザーの生産性を向上させます。

  • 選択権はユーザーに委ねられ、エンド ユーザーは承認済みのリストから希望する認証方法を選択できます。

  • 従来型エンタープライズ アプリケーションにすでに提供されていたのと同じ安全性の高いアクセス レベルをSaaSやモバイル アプリケーションにも適用します。