任意のプラットフォームからエンタープライズ アプリケーションに手軽にアクセスする

セキュリティを強化するために利便性や操作性を犠牲にする必要はありません。

システムにアクセスするデバイスの数、使用するコンピューティング プラットフォームの種類、アクセス場所はかつてないほど増加しています。従業員やビジネス パートナーが、必要なエンタープライズ システムに、より簡単にアクセスできるようにするとともに、外部の攻撃者を阻止し、内部の脅威を防止します。

RSA SecurID® Access

多要素認証およびID保証ソリューションにより、クラウド/Webベース/SaaSアプリケーション、ネイティブのモバイル アプリケーション、VPN、ファイアウォール、仮想デスクトップ、WindowsおよびLinuxサーバなど従来型エンタープライズ リソースに対して、強力で安全なアクセスおよびシングル サイン オン機能を提供します。

詳細情報

メリット

選択権はユーザーに委ねられ、エンド ユーザーは承認済みのリストから希望する認証方法を選択できます。

実証済みのテクノロジー:RSA SecurID Accessは、25,000の組織と5,500万人のユーザーを保護しています。

クラウド アプリケーション、モバイル アプリケーション、Webベース アプリケーションをシングル サイン オンにすることで、組織のIDドメインをすべて保護できます。

従来型エンタープライズ アプリケーションにすでに提供されていたのと同じ、安全性の高いアクセス レベルをSaaSやモバイル アプリケーションにも適用します。

企業は、リスクに合わせて保証レベルを設定し、必要な場合にのみユーザーに確認を求めるようにできます。

従来のオン プレミス アプリケーション、クラウド アプリケーション、モバイル アプリケーション、Webアプリケーションを組織のIDガバナンス プログラムに迅速に追加できます。

組織は、機密性の高いユーザー認証情報をオン プレミスで安全に保持しながら、企業ネットワークの内外にある任意のデバイスから企業リソースへのアクセスを提供できます。

ユーザーに柔軟性と利便性を提供する、新しい、使いやすいモバイルと生体認証の手法を含む、安全で便利なアクセスを実現する非常に幅広い認証機能を提供します。