迅速なインシデント対応の調整

迅速な対応と調整によりサイバー脅威のビジネスへの影響を最小化

より迅速な脅威の検出と対応

より迅速な脅威の検出と対応

RSA NetWitness Platformは、卓越した可視性、分析、自動化された対応とオーケストレーションを提供する、進化したSIEMと各種の脅威防御ソリューションを統合するプラットフォームです。セキュリティ チームはこのプラットフォームを使用して、組織の情報基盤全体で脅威を検出し、優先順位を付け、調査することができます。

詳細はこちら

38億6000万ドル

38億6000万ドル

データ侵害の平均コスト

Ponemon Institute『2019 Cost of a Data Breach Report

206日

206日

2019年に漏洩を特定するのにかかった平均時間

Ponemon Institute『2019 Cost of a Data Breach Report

100万ドル

100万ドル

30日以内に漏洩を食い止めた企業の節約額と30日以上かかった企業の節約額の比較

Ponemon Institute『2019 Cost of a Data Breach Report

セキュリティ インシデントの特定および対応の課題

セキュリティ インシデントの特定および対応の課題

検出の速度:ネットワークに侵入する脅威が被害をもたらす前に検知することが重要です。

デジタル トランスフォーメーション:SaaSおよびパブリック クラウドをIT環境に導入すると、イベントを監視して相互に関連付けようとしているセキュリティ チームにさらなるプレッシャーが降りかかることになります。

効率的かつ効果的な対応:ITに依存する業務プロセスや運用チームが増えると、組織的なインシデント対応がさらに困難になります。

RSA NetWitness Platformがどのように役立つかを見る

最新のサイバー脅威に対する迅速かつ効果的な対応のベスト プラクティス

最新のサイバー脅威に対する迅速かつ効果的な対応のベスト プラクティス

クラウド導入などのIT環境全体にわたってアクティビティを分析し、最大のリスクをもたらす未知の脅威を検出します。

完全な事例管理、インテリジェントな自動化/オーケストレーション、および協調的な調査機能を組み合わせた組織的な自動応答を推進します。

イベント データを脅威インテリジェンスとビジネス コンテキストで補うことにより、調査中の分析にセキュリティ データがいっそう役立つようにします。

ベスト プラクティスをさらに調べる

脅威の可視性を高める7つの要素

スピードが鍵:脅威の検出と対応を迅速化する

お客様事例

組織全体にわたる対応を推進するテクノロジーの活用

組織全体にわたる対応を推進するテクノロジーの活用

高度な脅威検知や応答を提供するRSA NetWitness Platformと、IDおよびアクセス管理を提供するRSA SecurID® Suiteおよび統合リスク管理を提供するRSA Archer® Suiteを組み合わせることにより、Infosysがサイバー脅威の実行前に阻止する方法について説明します。

お客様の事例を読む

Infosys

RSAの他のソリューション

RSA NetWitness Orchestrator

RSA NetWitness Orchestrator

RSA NetWitness Orchestratorがセキュリティ インシデントを迅速に検出して対応するために必要な時間とリソースを削減する方法について説明します。

脅威の迅速な阻止

インサイダー脅威からの保護

インサイダー脅威からの保護

潜在的なインサイダー脅威を検出し、それらがもたらすリスクを評価するために必要な可視性および高度な動作分析を取得します。

インサイダー アクセスの管理

サイバー攻撃リスクの軽減

サイバー攻撃リスクの軽減

脅威に優先順位をつけることで、組織はそれぞれのサイバー攻撃に応じて調整した効果的な対応を行うことができ、それはビジネスへの影響を最小限に抑えることにつながります。その詳細をご確認ください。

対応の調整

Recommended for you