コンプライアンス プログラムのモダナイズ

組織がさまざまなデジタル変革やコンプライアンスの成熟度に基づいているかどうかにかかわらず、スプレッドシートから最新の統合されたコンプライアンス アプローチへ移行する際には、次の推奨事項が役立ちます。

リスクとコストを軽減しながら規制要件に対応

従来のコンプライアンス機能は、組織的リスクに対するアカウンタビリティを強化することを目的としたグローバル規制の重圧にさらされており、これには、セキュリティやデータ プライバシーなどのデジタル リスクが含まれます。このような環境では、コンプライアンスの重要な役割をチェックボックス アプローチで維持することはできません。

ITモダナイゼーションの取り組みや顧客との対話のための新たなプラットフォームの作成といった、デジタル変革に関連した活動は、より短期間で固有のリスクとともに顕在化するコンプライアンスの考慮事項を生み出します。規制が急速に変化し続ける中、デジタル ビジネスの複雑さの増大に対応するには、コンプライアンス管理に対するリスク ベースのアプローチが必要です。

オペレーショナル リスクに対する今日の典型的なアプローチ

  • 規制上の義務を文書化して業務への影響の把握
  • コンプライアンスのための統制と処理手順を記録し、統制の不備を把握して修正
  • 統制の継続的な有効性を定期的にテストし、必要に応じて修正

デジタル変革に起因する混乱

  • インシデント発生からインパクト、通知までの、コンプライアンス リスクの高速化
  • デジタル利用者のエンゲージメントの拡大が、データ プライバシーとデータ利用に関する要件レベルを引き上げ
  • コンプライアンス要件全体にわたってテクノロジーの相互依存性が増大

デジタル リスクを管理するための変革

  • ビジネス主導型のコンプライアンス管理戦略を実行して、優先順位の高いリスクにリソースを投入
  • 継続的なリスク管理のための統合型プラットフォームを使用
  • 規制および関連するビジネス活動の変更を把握するためのプロセスを自動化
<span class=

戦略的なコンプライアンスを達成

事後対応的なコンプライアンスから、リスク情報に基づいたオポチュニティ重視のアプローチに移行することで、競争力を強化できます。

ホワイト ペーパーをダウンロード

RSAがコンプライアンス プログラムのモダナイゼーションをサポートする方法

RSA® Business-Driven Security™ポートフォリオの製品とサービスにより、コンプライアンスの取り組みをより広範なリスク戦略に結び付けやすくなります。また、リスク、コンプライアンス、セキュリティの取り組みが統合され、コンプライアンス要件に対応できるだけでなく、継続的なコンプライアンスを可能にする持続可能なアプローチを導入できるようになります。