セキュリティ オペレーション センターの向上

サイバーセキュリティに関する人材は世界的に不足しているので、多くのセキュリティ組織ではより賢明で無駄のない運営を迫られています。

多くのサイバー セキュリティ組織は、大量のアラートの山に埋もれています。そのことがサイバー攻撃やデータ侵害の重要な兆候を見逃す原因になっています。製品、人員の増強とアドバイザリー サービスを組み合わせたスイートは、脅威の検出とサイバー インシデント対応を強化します。ビジネス主導型セキュリティの策定や、限られたリソースと投資の優先順位を設定、ならびにサイバーセキュリティの運用を成熟させるのに役立ちます。

RSA NetWitness® Logs & Packets

幅広い情報源からのセキュリティ データをリアルタイムで一元的に処理する統合型SIEMプラットフォームにより、サイバー脅威を特定、調査、修正する時間を短縮します。

RSA NetWitness® Endpoint

ネットワーク内外にわたる全エンドポイントの挙動を監視し、悪意のあるファイルを1回の挙動でブロックすることで、サイバー インシデント対応のコストと時間を削減し、範囲を縮小できます。

RSA NetWitness SecOps® Manager

セキュリティ オペレーション センターにおいて、重点を置くべき部分を明確にし、秩序とスピードをもたらし厳密でかつ整合のとれるエンド ツー エンドのサイバー インシデント対応プロセスを管理します。

RSA Advanced Cyber Defense Practice

サイバー攻撃やデータ侵害への備えを強化し、対応を迅速化して、ビジネス上の回復性を維持します。

RSA Incident Response Practice

RSAの迅速で的確なインシデント対応サービスにより、サイバー攻撃による財務、業務、評判への影響を最小限に抑えます。

RSA Archer® IT & Security Risk Management

お客様のビジネスにとって最も重要なテクノロジー資産が何であるかを判別し、投資の優先順位を付けて、最も大切なものの保護に焦点を当てられるようになります。

メリット

業界トップ クラスであり、個別に最高位の評価を受けている、高度な脅威検出とサイバー インシデント対応のための製品およびサービスにより、セキュリティ オペレーション センターの有効性を高めます。

最も厳しいビジネス環境で、高度なサイバー脅威に対処する、最も実践的な経験を積んだ百戦錬磨のプロフェッショナル サービス チームを利用できます。

業界のベスト プラクティスやNIST、SANS、US-CERT、VERISのフレームワークを適用する専門技術やイノベーションを利用できます。

Fortune 500企業370社とFortune 50企業48社を含む顧客との間の35年間にわたる実績と数千件のエンゲージメントによって磨かれたベスト プラクティスを利用できます。

業務を容易にし、優先順位を付けるためのツールと技術、機能を提供することで、セキュリティ運用チームの負担を軽減できます。

リソース

ビデオ

  • End-to-End Visibility: The Foundation of Business-Driven Security ビジネス主導型セキュリティ(Business-Driven Security)とは、セキュリティとビジネス コンテキストを包括的かつ迅速に結び付け、効果的な検出および対応と最も重要なものの保護を行う組織の能力のことです。脅威の検出および対応と具体的にはRSA NetWitness® Platformがどのようにビジネス主導型セキュリティをサポートするかをこのビデオでご確認ください。
  • RSA Archer IT and Security Risk Management RSA Archer IT Security & Risk Managementの詳細をご確認ください。
  • SAIC on RSA Security Solutions テクノロジー インテグレータであるSAICのCISO(最高情報セキュリティ責任者)Jonathan Jowers氏と、CyberSheath Services Internationalのコンプライアンス担当ディレクターであるMark Walsh氏が、RSAを使用して、GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)を統合した理由について説明します。
  • RSA Leaders Series: Partners Healthcare Partners HealthCareの最高情報セキュリティ/プライバシー責任者であるJigar Kadakia氏が、RSAのテクノロジーを使って患者データの保護と業界のコンプライアンス標準への準拠を実現している方法について説明します。
  • RSA Leaders Series: ADP ADPのグローバルCSO(最高セキュリティ責任者)であるRoland Cloutier氏が、ADPのTrusted Platform Securityイニシアティブで、ADPがRSA SecurID、Archer GRC、Adaptive Authentication、Security Analyticsをどのように活用しているかについて説明します。
  • Business Risk Management Part 1: Communicating the Business Impact of Risk ビジネス リスク管理ソリューションが提供するのはセキュリティだけではありません。すべてのエンタープライズ リスクを、それが人、プロセス、テクノロジー、サードパーティ、または規制に関連付けられているかどうかに関係なく、正確に、集約してタイムリーに表示し、あらゆるセキュリティ インシデントに対して統一された対応を提供します。この2部構成のWebキャスト シリーズの第1部を視聴し、組織が総合的なビジネス インパクトの観点から情報セキュリティを理解および伝達することによってリスク管理に関する意思決定をどのように改善できるかご確認ください。
「RSAがあれば、もう大丈夫です。境界で高度なマルウェアやセキュリティ インシデントを検出して、RSA Archerを使用してそれらすべてを登録し、処理できます。これが当社のセキュリティ分析センターのバックボーンです」
Rasmus Theede
グループ セキュリティ担当コーポレートVP

KMD