IDおよびアクセス保証の実装

セキュア アクセスとユーザーの利便性のバランスをとる

RSA SecurID Suiteによるセキュア アクセスのモダナイズ

RSA SecurID Suiteによるセキュア アクセスのモダナイズ

RSA SecurID Suiteは2つのソリューションで構成されており、それらのソリューションが互いに連動して、複雑なIT環境において動的なユーザー集団に対して利便性の高いアクセスを提供することに関連したセキュリティの課題に対処します。高度なリスクベースの多要素認証をIDガバナンスおよびライフサイクル管理と組み合わせてユーザーのIDを確認し、ユーザーが適切なリソースにシームレスにアクセスできるようにします。

詳細はこちら

機密データやアプリケーションに影響するデータ侵害の81%は、ID乗っ取りから始まっています。

出典:『2017 Verizon Data Breach Investigation Report

2017年のデータ侵害の22%には、盗まれた認証情報の使用が関係していました。

出典:『2018 Verizon Data Breach Investigations Report

社員の46%は、公共Wi-Fiに接続して機密情報にアクセスしていると報告しています。

出典:『Dell End User Security Survey 2017

今日のIDおよびアクセス管理の課題

今日のIDおよびアクセス管理の課題

シャドーIT:セキュリティ チームとITチームは、SaaSアプリケーションのアクセスと使用を常に制御しているわけではありません。

IDの孤島化:ITチームは、オンプレミスとSaaSのすべてのアプリケーションにわたるIDを一元的に表示して管理することができていません。

弱い認証の管理:パスワード(フィッシング、キーロギング、認証情報侵害、再利用に対して脆弱な認証方法)が、依然として多くのユーザーやアプリケーションの主要な認証方法となっています。

RSA SecurID Suiteがどのように役立つかを見る

現代のビジネス環境でIDおよびアクセス保証を実装するためのベスト プラクティス

現代のビジネス環境でIDおよびアクセス保証を実装するためのベスト プラクティス

幅広いリスク指標を分析する高度な機械学習モデルを活用して、リスクベース認証とアクセス管理を可能にします。

安全でスムーズなアクセス エクスペリエンスを提供する、ユーザー向けのさまざまな認証オプションをサポートします。

オンプレミスとクラウドのすべての資産に強力な認証とアクセス管理を適用する、包括的なIAMへのアプローチを実装します。

ベスト プラクティスをさらに調べる

ユーザー認証のトレンド:あいまいになる境界と新しい手法

今日の最新のIT環境におけるIDリスクへの取り組み

IAMの再考:リスクベースの自動のアプローチの実装

お客様事例

Dell Technologies

RSAの他のソリューション

RSA SecurID Suite

RSA SecurID Suite

セキュアで利便性の高い多要素認証と完全なIDガバナンスおよびライフサイクル機能を使用して、IDリスクを軽減し、コンプライアンスを維持します。

IAMのモダナイズ

あらゆるプラットフォームへの容易なアクセスの提供

あらゆるプラットフォームへの容易なアクセスの提供

使いやすさとセキュアなアクセスの両方を可能にする、数々の柔軟でシームレスな認証オプションから選択できます。

アクセスの利便性の維持

移動が多い社員のリスク管理

移動が多い社員のリスク管理

移動が多く分散した多様な社員のデジタル リスクの管理の課題(プライバシーとコンプライアンス、認証とアクセスなど)に取り組むことができます。

社員への権限の付与

Recommended for you