データ ガバナンスとプライバシーの改善

プライバシー リスクは進化しています。リスク管理プログラムもまた、進化する必要があります。

データ ガバナンスとプライバシーのリスクについてのよくある質問

どんなご質問でも、RSA® Business-Driven Security™ポートフォリオの製品の中に、その答えが見つかるはずです。

  • セキュリティ

    プライバシー リスクの原因をどのように特定できますか?また、リスクのレベルに応じてふさわしくリスクを管理していることをステークホルダーにどのように示せますか?

    プライバシー侵害を防止、検知、修正するために、どのような管理を実施する必要がありますか?

  • IT

    すべてのITアクティビティにプライバシー バイ デザインが組み込まれていることを確認するにはどうすればよいですか?

  • コンプライアンス

    すべてのプライバシー ルール、規制、標準へのコンプライアンスを効率的に立証するには、どうすればよいですか?

  • リスク

    組織がプライバシー リスクを他のリスクと同様に管理できていることを、どのように確認すればよいですか?

  • CEO

    サードパーティとの取引時にプライバシー義務を遵守していることをどのように立証できますか?

RSA Archer Suiteのリスクベース アプローチにより、お客様はプライバシー リスクがどこで、なぜ、どのように管理されているかを理解し、説明することができます。RSAポートフォリオの他の製品と連携させることで、プライバシー リスクのレベルに応じたふさわしい管理体制を確立することができます。

プライバシー リスクに対応するRSA製品の幅広いポートフォリオに含まれるRSA NetWitness Platformを使用することにより、組織はプライバシー侵害につながりかねない攻撃を検出し、攻撃や侵害に迅速に対応して影響を最小限に抑えることができます。

組織はRSA SecurID Suiteを使用して、社員、サードパーティ組織、社員以外の請負業者による個人情報への不正アクセスを防止するための管理体制を構築することができます。

RSA Fraud & Risk Intelligence Suiteは、さまざまなトランザクション チャネルにおける包括的な不正監視を提供し、詐欺関連のプライバシー リスクをリスクのレベルに応じてふさわしく管理します。

2017年下半期から2018年上半期にかけて記録されたプライバシー侵害の件数は70%増加

出典:『Breach Level Index, 2018 First Half Review

世界中の107国のうち58%に、データ プライバシーに関する法律が存在。

出典:『United Nations Conference on Trade and Development』(2019年3月27日)

85%の消費者は、自分達のデータを企業が適切に取り扱っていることを信用できなければ他社に切り替えると回答。

出典:PWC『Intelligence Series: Protect.me』(2017年)

デジタル時代のデータ ガバナンスとプライバシーの課題

デジタル時代のデータ ガバナンスとプライバシーの課題

プライバシー バイ デザイン:組織は、デジタル イニシアチブで不注意によるプライバシー リスクは発生しないことを立証するために、プライバシー リスクの評価と管理を実施する必要があります。

デジタル トランスフォーメーション:デジタル トランスフォーメーションが進行中の組織にとって、機密データがある場所とそれに関連する脆弱性を把握しておくことは重要です。

保護証明:組織は、効果的なプライバシー リスク管理フレームワークを導入していることをステークホルダーに示す必要があります。

データ ガバナンスとプライバシーのリスクを管理するためのベスト プラクティス

データ ガバナンスとプライバシーのリスクを管理するためのベスト プラクティス

個人情報の取り扱い方法を文書化し、関連するリスクを評価して、データ プライバシーを保護する手段を実装するプロセスを確立します。

個人情報がいつ、どのように収集され、使用されるかなど、デジタル イニシアチブのデータ プライバシーに関連する事項を評価するプロセスを導入します。

堅牢な復元性を実装するなど、最新技術を用いた手段を利用してプライバシー関連のインシデントを防止し、検知してそれに対応します。

お客様事例

ビジネス レベルのガバナンス、リスク、コンプライアンス要件の管理

ビジネス レベルのガバナンス、リスク、コンプライアンス要件の管理

「当社のコンプライアンス目標をサポートしながら、同時に全体的なパフォーマンスを向上させてくれるRSA Archer Suiteの機能を特に評価しています。しかも、組織に制限を課すことなくそれができます。」

お客様の事例を読む

Infosys

RSA® Business-Driven Security™ソリューションのポートフォリオ

統合リスク管理

データ ガバナンス、リスク アセスメント、規制コンプライアンスのための統合された機能を使用して、データ プライバシー リスクを包括的かつプロアクティブに処理します。

リスクの管理

進化したSIEM

クラウド内および仮想エンタープライズのデバイス上のプライベート データに対する脅威を素早く検出し、迅速に対応します。

脅威の遮断

IDおよびアクセス管理

組織でプライバシー リスクなどのID関連のデジタル リスクの管理の課題に取り組む際に、セキュリティとユーザーの利便性とのバランスを取ります。

アクセスの保護

オムニチャネルの詐欺防止

利用者のデータ プライバシーを損なうことなく、複数のトランザクション チャネルにおいて不正行為やデジタル リスクを特定し、管理します。

詐欺の防止

Recommended for you