データ ガバナンスとプライバシーの高度化

デジタル ビジネスは、データの作成と消費のペースを加速します。強力なデータ ガバナンスとプライバシー保護により、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスのリスクを最小限に抑えながら、データの価値を最大限に引き出すことができます。

データの新しい使用法によって新たな脆弱性を防止

今日の組織は、かつてないほど多くのデータを生成して管理しており、このことは、データがデジタル変革の原動力であるという考えの信ぴょう性を高めています。野心的なデジタル イニシアティブは、データの規模と範囲に対応することだけでなく、さまざまな種類のデータの価値を把握し、データ リスクを管理するために必要な保護について理解することにおいても、多大な課題を生み出しています。

残念なことに、ほとんどの組織では、拡大するデータの収集と使用のペースが速すぎて、組織のガバナンス能力で対応できていません。組織にとってのデータの価値が高まると、不適切なガバナンスとセキュリティ ポリシーに起因するリスクも高まります。その結果生じるセキュリティ インシデントに対応するために、規制当局は圧力を強め、コンプライアンス要件を拡大して適用するようになっています。

オペレーショナル リスクに対する今日の典型的なアプローチ

  • どのデータが重要で、どこにあり、どのように使用されているかを特定
  • チェックボックス アプローチによるコンプライアンスの実証
  • コンプライアンス義務のビジネス リスクを理解せずに内部統制に重点を置く

デジタル変革に起因する混乱

  • データ ガバナンスとセキュリティ ポリシーがデータ使用の進化のペースについていけていない
  • データ主導型ビジネス モデルが規制要件を増大
  • ビジネスとデータ間の相互依存関係の増大によって明らかになるガバナンスの不備

デジタル リスクを管理するための変革

  • 情報がどこで処理、保存、送信されるかをカタログ化
  • 規制とビジネス活動の変化に応じて、リスクとコンプライアンスを管理するためのシステムとプロセスを導入
  • 技術的なリスク対策と非技術的なリスク対策を採用
<span class=

お客様のために正しいことを実行

消費者の懸念に関する詳細な情報をベースにすることで、安定した持続可能なデータ プライバシー ポリシーを策定して調整します。

調査結果を見る

RSAがデータ ガバナンスとプライバシーの高度化をサポートする方法

RSA® Business-Driven Security™™ポートフォリオの製品およびサービスは、適切なガバナンスとデータの説明責任、プライバシー要件を確実に満たすための合理化されたコンプライアンス プロセス、データへの適切なアクセス制御、潜在的なデータの侵害または漏洩を迅速に特定するメカニズムなど、データに関するリスクベースの明確な制御を確立し、適用する強力なデータ ガバナンスおよびプライバシー保護の基盤を提供します。