危機発生時におけるビジネスの回復力を確保

ビジネス継続性とディザスタリカバリのアクティビティを合理化、連携させること、リスクを明確化し、サイバー インシデント対応を迅速化することによって、組織が危機的なイベントの影響を吸収する能力を向上させます。

RSA Archer® Business Resiliency

ビジネス戦略と目標に、ビジネス インパクト分析、ビジネス継続性の計画、ITディザスタリカバリ計画、危機管理計画、インシデント対応アクティビティを適合させます。

RSA NetWitness® SecOps Manager

セキュリティ オペレーション センターに明確なビジョンと秩序、スピードをもたらし、迅速で的確なサイバー インシデント対応機能によってデータ侵害の影響を軽減します。

RSA Risk Management Practice

RSA Archerの専門技術を活用して、組織が既知のリスクと新規のリスクを可視化することで、より迅速で、従来よりも多くの情報に基づき、リスクに関する意思決定を行い、ビジネス継続性と回復力についての取り組みを強化できます。

Benefits

  • 悪条件に適応できるプロセスを構築することにより、ビジネスに対するシステム上のリスクに対処し、それを軽減します。

  • 一元化されたビジネス プロセスと資産リポジトリにより、経営陣は、各ビジネス プロセスとそれをサポートするテクノロジー インフラストラクチャをカタログ化して、重要性を把握できます。その結果、ビジネス継続性とディザスタリカバリ計画のプロセスに優先順位を付けることができるようになります。

  • 既知のリスクと新規のリスクを可視化し、これらがビジネスの回復力に与える影響に関するインサイトを得ます。

  • ビジネス継続性、ディザスタリカバリ、危機対応を担う各チーム間の連携を高めます。

  • 連携するプロアクティブなセキュリティ オペレーション センターにより、サイバー インシデントによる業務停止と損害を抑えます。

  • ビジネス継続性およびディザスタリカバリ計画が実装され、意図したとおりに機能するであろうことを、経営幹部に明確に示し、報告できます。

  • ビジネス継続性およびディザスタリカバリ計画を作成、承認、維持、テストするプロセスを標準化し、連携させます。