危機発生時におけるビジネスの回復力を確保

ビジネスの中断と危機的なイベント発生時に株主の利益を保護し、風評被害を軽減して、ビジネス継続性を維持し、より迅速に復旧します。

ビジネス継続性とディザスタリカバリのアクティビティを合理化、連携させること、リスクを明確化し、サイバー インシデント対応を迅速化することによって、組織が危機的なイベントの影響を吸収する能力を向上させます。

RSA Archer® Business Resiliency

ビジネス戦略と目標に、ビジネス インパクト分析、ビジネス継続性の計画、ITディザスタリカバリ計画、危機管理計画、インシデント対応アクティビティを適合させます。

RSA NetWitness® SecOps Manager

セキュリティ オペレーション センターに明確なビジョンと秩序、スピードをもたらし、迅速で的確なサイバー インシデント対応機能によってデータ侵害の影響を軽減します。

RSA Risk Management Practice

RSA Archerの専門技術を活用して、組織が既知のリスクと新規のリスクを可視化することで、より迅速で、従来よりも多くの情報に基づき、リスクに関する意思決定を行い、ビジネス継続性と回復力についての取り組みを強化できます。

メリット

一元化されたビジネス プロセスと資産リポジトリにより、経営陣は、各ビジネス プロセスとそれをサポートするテクノロジー インフラストラクチャをカタログ化して、重要性を把握できます。その結果、ビジネス継続性とディザスタリカバリ計画のプロセスに優先順位を付けることができるようになります。

既知のリスクと新規のリスクを可視化し、これらがビジネスの回復力に与える影響に関するインサイトを得ます。

ビジネス継続性、ディザスタリカバリ、危機対応を担う各チーム間の連携を高めます。

ビジネス継続性およびディザスタリカバリ計画を作成、承認、維持、テストするプロセスを標準化し、連携させます。

連携するプロアクティブなセキュリティ オペレーション センターにより、サイバー インシデントによる業務停止と損害を抑えます。

悪条件に適応できるプロセスを構築することにより、ビジネスに対するシステム上のリスクに対処し、それを軽減します。

ビジネス継続性およびディザスタリカバリ計画が実装され、意図したとおりに機能するであろうことを、経営幹部に明確に示し、報告できます。

リソース

ビデオ

  • Your Journey to the Cloud: Challenges & Keys to Securing the Trip クラウドへの移行は組織ごとに異なりますが、これらの移行は多くの場合、テクノロジーのニーズよりもビジネス上のニーズにより促進されます。結果として、セキュリティ チームはぎこちない受け身の姿勢になります。本格的なクラウドに組織を移行させる推進力は、ハイブリッド クラウドやオン プレミス環境のセキュリティ保護のニーズと相まって、明確な課題と脅威を提示しています。セキュリティにどのような影響があり、どのような将来が待ち受けているでしょうか。
  • End-to-End Visibility: The Foundation of Business-Driven Security ビジネス主導型セキュリティ(Business-Driven Security)とは、セキュリティとビジネス コンテキストを包括的かつ迅速に結び付け、効果的な検出および対応と最も重要なものの保護を行う組織の能力のことです。脅威の検出および対応と具体的にはRSA NetWitness® Platformがどのようにビジネス主導型セキュリティをサポートするかをこのビデオでご確認ください。
  • RSA NetWitness SecOps Manager RSA NetWitness SecOps Managerは、セキュリティ インシデントの効果的な調査および対応を可能にするためのオーケストレーション機能と連携機能を提供します。
  • RSA Archer Business Resiliency 場当たり的なリスク管理アプローチでは、リスク管理チームの負担が過大になることが多く、一貫性のあるリアルタイムのリスク状況を経営陣と取締役会に提供することができません。RSA Archer Enterprise & Operational Risk Managementにより、オペレーショナル リスクのビジネス コンテキストを理解し、新たなリスクとオペレーショナル リスクの判別、評価、トラッキングを行い、ポリシーと標準を確立して、業務管理を実装および監視することができます。RSA Archerが提供する基盤により、オペレーショナル リスク管理プロセスが、セキュリティ、リカバリ性、コンプライアンス、監査、外部委託先ガバナンスにまで拡張される状況をご確認ください。

インフォグラフィック

ホワイト ペーパー

  • The 4 Phases of Your Risk Management Journey リスクに対して完全な可視性を達成できる組織はありません。魔法のように事業機会の概要を示し、リスクをマッピングし、一直線に成功に導いてくれる水晶玉はありません。ただし、統合リスク管理プログラムを構築する際にたどることができる具体的な段階があります。RSA Archerの成熟指向型アプローチにより、組織がどのようにGRCプログラムの道筋を示すロードマップを作成し、リスク管理の成熟化に向けた進捗状況を追跡できるかをこのホワイト ペーパーでご確認ください。
  • 分析と機械学習におけるスキル ギャップの解消 誰もが熟練したセキュリティ専門家の不足を認識しており、今後もこうした問題は増え続けることでしょう。Frost & Sullivan社と(ISC)の報告書では、全世界で2020年までにサイバー セキュリティ プロフェッショナルが150万人以上不足すると見積もられています。サイバー セキュリティの課題が進化する中で、人員をさらに投入ことはできません。このホワイト ペーパーでは、現状のセキュリティ プロフェッショナルでより効率的に対応できるよう、システム全体を統合し、自動化するためのさまざまなアプローチを取り上げています。
  • コンプライアンス ディザスタの回避方法 コンプライアンス管理のためのアジャイルなアプローチは、どの組織にも達成可能なのです。業界のベスト プラクティス採用に向けて、視点と取り組みをシフトするだけです。始めるにあたってのヒントをまとめました。リスクの管理と軽減に有効なだけでなく、コンプライアンスを戦略的優位性として活用するためにも有効です。

電子書籍