高度なサイバー脅威を検出して対応する

最も早い段階でサイバー攻撃を発見し、確実な対応を取ることができる組織は、このようなイベントによる財務、業務、評判への影響を大幅に削減できます。

高度な脅威の検出と対応

最も高度なサイバー攻撃を受けた場合でも、業務の中断が発生する前に脅威を特定し、対応する支援をするために構成された、製品とサービス一式を提供します。

高度な脅威の検出と対応

最も高度なサイバー攻撃を受けた場合でも、業務の中断が発生する前に脅威を特定し、対応する支援をするために構成された、製品とサービス一式を提供します。

RSA NetWitness® Logs & Packets

幅広い情報源からのセキュリティ データをリアルタイムで一元的に処理する統合型SIEMプラットフォームにより、サイバー脅威を特定、調査、修正する時間を短縮します。

RSA NetWitness® Endpoint

ネットワーク内外にわたる全エンドポイントの挙動を監視し、悪意のあるファイルを1回の挙動でブロックすることで、サイバー インシデント対応のコストと時間を削減し、範囲を縮小できます。

RSA NetWitness® SecOps Manager

セキュリティ オペレーション センターにおいて、重点を置くべき部分を明確にし、秩序とスピードをもたらし厳密でかつ整合のとれるエンド ツー エンドのサイバー インシデント対応プロセスを管理します。

RSA Incident Response Practice

RSAの迅速で的確なインシデント対応サービスにより、サイバー攻撃による財務、業務、評判への影響を最小限に抑えます。

RSA Archer® IT & Security Risk Management

お客様のビジネスにとって最も重要なテクノロジー資産が何であるかを判別し、投資の優先順位を付けて、最も大切なものの保護に焦点を当てられるようになります。

メリット

RSAの調査チーム、エンジニアリング チーム、インシデント対応チームや、外部ソースからの脅威インテリジェンスを統合できます。

NIST、US-CERT、SANS、VERISからのベスト プラクティスや業界標準を活用できます。

脅威の検出とサイバー インシデント対応が、リアクティブからプロアクティブに移行します。

お客様からは、検出と調査に要する時間を数日から数時間、さらには数時間から数分に短縮できたとの報告を受けており、サイバー脅威の検出、調査、対応、修正にかかる時間の明らかな削減につながっています。

自社のサイバーセキュリティに関する定量的データを提供して、最高幹部からの難しい質問への回答を可能にして、予算の増額や業務の改善に関する説得力のあるビジネス ケースの作成に役立てることができます。

行動分析、データ サイエンスの手法、機械学習アルゴリズムを独自に組み合わせて適用することで、攻撃の指標とその他の疑わしいアクティビティを特定し、誤検出を最小限に抑えます。

リソース

電子書籍

ビデオ

  • Your Journey to the Cloud: Challenges & Keys to Securing the Trip クラウドへの移行は組織ごとに異なりますが、これらの移行は多くの場合、テクノロジーのニーズよりもビジネス上のニーズにより促進されます。結果として、セキュリティ チームはぎこちない受け身の姿勢になります。本格的なクラウドに組織を移行させる推進力は、ハイブリッド クラウドやオン プレミス環境のセキュリティ保護のニーズと相まって、明確な課題と脅威を提示しています。セキュリティにどのような影響があり、どのような将来が待ち受けているでしょうか。
  • インシデント対応サービスとお客様のセキュリティ戦略 組織は、より広範なサイバーセキュリティ戦略で、インシデント対応が果たす役割を理解し始めています。脅威に迅速に対応すればするほど、脅威からのリカバリを早め、ビジネスへの影響を抑制できます. しかし、多くの組織では、インシデント対応機能を強化するための適切な内部リソースが不足しています。

ホワイト ペーパー

  • 分析と機械学習におけるスキル ギャップの解消 誰もが熟練したセキュリティ専門家の不足を認識しており、今後もこうした問題は増え続けることでしょう。Frost & Sullivan社と(ISC)の報告書では、全世界で2020年までにサイバー セキュリティ プロフェッショナルが150万人以上不足すると見積もられています。サイバー セキュリティの課題が進化する中で、人員をさらに投入ことはできません。このホワイト ペーパーでは、現状のセキュリティ プロフェッショナルでより効率的に対応できるよう、システム全体を統合し、自動化するためのさまざまなアプローチを取り上げています。

インフォグラフィック

  • ビジネス主導型セキュリティ 脅威の検出および対応 脅威の検出と対応プログラムを実装または増強するには、多くのオプションがあります。今後も存続するであろう、多くのベンダーとオプションが存在し、プロセスに対する非常に多様なアプローチがいくつかあります。RSAにおける我々の見解は明確です。私たちは、ビジネスの中核としてセキュリティを統合するビジネス主導のセキュリティの考えを促進します。このアプローチは、セキュリティを2つの重要な点で向上させると考えています。これにより、セキュリティ チームの運用効率が強化され、チームがより戦略的にセキュリティ リスクを管理できるようになります。ビジネス主導型のセキュリティは、組織がITインフラストラクチャの保護を考える上で重要な進化であり、組織の内外の急激な変化、および、従来のセキュリティへのアプローチの効果は非常に低いという事実がこの進化を促進します。
  • 「セキュリティ チームの効果性を向上する5つのツール」インフォグラフィック 今日のサイバー脅威を阻止する唯一の方法は人員を増やすことであるとお考えなら、ぜひ再考してください。脅威の増大と人材不足に直面する状況では、既存のスタッフを強化する方法をご検討ください。
  • 「脅威に迅速に対応するための3つの鍵」インフォグラフィック 来るべき脅威をすばやく検出して迅速に追い払うために必要なインサイトを提供する脅威の検出および対応ソリューションにより、チームが次のサイバー脅威を確実に撃退できるようにしましょう。
「私がNetWitnessを気に入っている点は、セキュリティ イベント前後のペイロードを詳細に確認できる優れたフォレンジック機能です。さらに、同じデバイスからより多くの情報を取得できます。たとえばNetWitnessから受信したファイアウォールのログ情報を見れば、実際に他のどのSIEMよりも多くの情報を把握できます」
​Bob Cheong
前CISO

Los Angeles World Airports