連携されたビジネス レジリエンス

デジタル変革は、組織が何らかの形で重大なビジネス中断に直面する可能性を増大させます。連携されたレジリエンス戦略によって、影響を最小限に抑えることができます。

システム停止を回避するための組織体制の整備

今日の組織は、大規模なデータ漏洩から自然災害、広報部門にとっての悪夢に至るまで、さまざまなビジネス中断の可能性や危機的状況に対処する必要があります。多くの組織は、ビジネスの中断に効果的に対応できずにいます。これは主に、組織によるリカバリーの取り組みがサイロ化されており、近視眼的であるためです。

これらの課題は、組織がデジタル変革を進めるにつれてさらに難化します。日々の業務がますますデジタル化されるに伴い、組織はサイバー攻撃、ネットワーク ダウンタイム、その他のテクノロジー障害などの混乱に対してますます脆弱になります。その一方で、デジタル化は24時間365日の可用性に対する期待レベルをさらに高めており、また、ソーシャル メディアが普及し、コンプライアンス要件が増大していることにより、ごくささいなシステム停止でさえも精密に調査することが求められています。こうした動向を背景に、レジリエンスの優先度は今まで以上に高まっています。

オペレーショナル リスクに対する今日の典型的なアプローチ

  • ビジネス プロセス、テクノロジー、インフラストラクチャ間の相互依存関係をマッピング
  • ビジネス インパクト分析を実行して保護/リカバリー戦略の優先順位を設定
  • ビジネス オペレーションとITシステムのためのリカバリー プランを文書化してテスト

デジタル変革に起因する混乱

  • ビジネス プロセスとテクノロジーの使用の拡大との関連性の劇的な変化
  • ビジネス プロセスがインターネットに拡大するに伴い、DDoS攻撃やその他の「可用性に対する攻撃」のリスクが増大
  • ビジネス機能を24時間365日維持することに対する圧力の増大

デジタル リスクを管理するための変革

  • レジリエンス リスク管理をオペレーショナル/エンタープライズ リスク管理と統合
  • ビジネス レジリエンス、ITディザスター リカバリー、危機管理、セキュリティの優先度を調整
  • 予防措置をレジリエンスに組み込むことに重点を置く

万一の備え

テクノロジーの障害、サイバー攻撃、その他の予期しないイベントによってデジタル変革が凍結されないようにしてください。

eBookをダウンロード

常にプロアクティブに

デジタル ディスラプションに対応できる堅牢な計画を立てて、次の点に留意しましょう。リカバリーは事後対応的ですが、レジリエンスはプロアクティブです。

ソリューション概要をダウンロード

RSAがビジネス レジリエンスの連携をサポートする方法

RSA® Business-Driven Security™ポートフォリオの製品とサービスを使用すると、連携されたレジリエンス戦略によってビジネスの中断による影響を最小限に抑えることができます。