GDPRとプライバシーのコンプライアンスの向上

規制の拡大や変更に応じてデータ プライバシーを保護する備えをする

統合アプローチを使用すれば、コンプライアンスの管理はもっと容易になります

統合アプローチを使用すれば、コンプライアンスの管理はもっと容易になります

コンプライアンス チームは継続的にGDPRに注意してこれに時間をかけなければならず、データ プライバシーの規制は常に増えているため、コンプライアンスのための統合されたアプローチが不可欠になっています。RSA Archer Regulatory & Corporate Compliance Managementは、さまざまな既存の規制、新たな規制、進化する規制の共通要素に対応する総合的なプライバシー プログラムの基盤を提供するように設計されています。

詳細はこちら

CEOの42%は、成長の見込みを脅かす可能性があるとして、厳しすぎる規制に大きな懸念を抱いている

出典:PwC『22nd Annual Global CEO Survey』(2018年)

消費者の34%は、2018年にデータ侵害を報告した

出典:『Protecting Personally Identifiable Information Survey

GDPRが施行された最初の5か月で、42,000件を超える訴訟がデータ保護機関に提訴された

出典:GDPR Today『GDPR in Numbers

データ プライバシー規制の遵守の課題

データ プライバシー規制の遵守の課題

増え続ける規制。組織は、増え続けるプライバシー規制に準拠しなければならないというプレッシャーを受けています。

高額な罰金。規制を遵守していない組織には、データ プライバシー規制を遵守していないための莫大な罰金が課されるリスクがあります。

消費者エンゲージメントへの影響。デジタル化が進む組織では、デジタル サービスで消費者を囲い込みたいという思惑と、データの権利とセキュリティを保護する必要性とのバランスを取らなければなりません。

RSA Archer Regulatory & Corporate Compliance Managementがどのように役立つかを見る

データ プライバシー規制を遵守するためのベスト プラクティス

データ プライバシー規制を遵守するためのベスト プラクティス

データ プライバシー規制へのコンプライアンスを管理するための統合された総合的なアプローチに移行します。

規制を管理措置にマップする取り組みを一元化して効率化するテクノロジー製品を選択します。

データ プライバシーに影響する可能性のあるセキュリティ インシデントについての可視性を提供してインシデントへの迅速な対応をサポートするセキュリティ管理に、コンプライアンス/リスク管理機能を統合するテクノロジーを活用します。

ベスト プラクティスをさらに調べる

お客様事例

データ セキュリティとプライバシー コンプライアンスアクティビティの統合

データ セキュリティとプライバシー コンプライアンスアクティビティの統合

Evalueserve社はRSA Archer Regulatory & Corporate Compliance Managementを使用して規制へのコンプライアンス(データ プライバシー保護を規定する法律へのコンプライアンスを含む)に関連したリスク アセスメントや監査などのアクティビティを統合し、自動化しています。その詳細をご紹介します。

お客様の事例を読む

Evalueserve

次のステップ

RSA Archer Suite

RSA Archer Suite

データに基づく知見と、即効性のある合理的なアプローチにより、プロアクティブにリスクに対応します。

詳しく読む

業務中断の最小化

業務中断の最小化

インシデント対応、危機管理、業務継続、災害復旧の各チームと、アプローチ、および優先順位を調整することによって、耐障害性の基盤を構築します。

アカウント乗っ取りの防止

コンプライアンス プログラムのモダナイズ

コンプライアンス プログラムのモダナイズ

スプレッドシートでチェックボックスをチェックしてコンプライアンスを確認するやり方を、最新の統合された俊敏な機能へ転換する方法を紹介しています。

コンプライアンスのモダナイズ

Recommended for you