PSD2要件への対応

トランザクションのフリクションを低く抑えつつPSD2に準拠

不正を防止してフリクションレスなトランザクションを維持

不正を防止してフリクションレスなトランザクションを維持

RSA Fraud and Risk Intelligence Suiteには、正常なリスクベース認証およびトランザクション リスク分析の強力なトラッキング記録があります。このスイートは、PSD2の要件を満たすのに役立つ不正防止と認証方法を提供するとともに、ユーザーフレンドリーでフリクションレスなカスタマー エクスペリエンスを維持します。

詳細はこちら

256億ドル

256億ドル

2020年までに予想される、詐欺的なオンライン トランザクションによる推定損失額

出典:Juniper Research『Online Payment Fraud』

18.4%

18.4%

2018年のクレジットカード詐欺の増加率

出典:Shift Credit Card Processing『Credit Card Fraud Statistics』

81%

81%

店頭詐欺よりもカード不介在詐欺である可能性が高い

出典:Shift Credit Card Processing『Credit Card Fraud Statistics』

PSD2コンプライアンス、リスク軽減、および消費者エクスペリエンスのバランスの課題

PSD2コンプライアンス、リスク軽減、および消費者エクスペリエンスのバランスの課題

消費者保護。消費者は詐欺から保護される必要があるのと同時に、消費者の期待に沿った柔軟性が提供される必要があります。

新しい攻撃経路。金融機関におけるAPIによる口座アクセスとトランザクションのPSD2要件は、攻撃対象領域を拡大します。

ビジネスへの影響を管理する。組織は、消費者エクスペリエンス(つまり収益)とコンプライアンスのコストに対するPSD2の影響に対処する必要があります。

RSA Adaptive Authenticationが役立つ分野

SCAおよびオープン バンキングのPSD2要件に対応するためのベスト プラクティス

SCAおよびオープン バンキングのPSD2要件に対応するためのベスト プラクティス

動作、デバイス タイプ、および不正脅威インテリジェンスなど、幅広いリスク指標を分析する分析モデルを活用します。

PSD2 SCA免除のメリットを維持するために、トランザクション リスク分析を活用して、低い不正発生率を維持します。

PSD2を超越したデジタル トランザクション セキュリティのための広範な基盤を確立する実証済みの不正検出と防止技術に依存します。

RSAがどのように役立つかを理解する

PSD2への準備

デジタル バンク時代における金融詐欺

3D Secure 2.0、PSD2、およびデジタル決済の将来

次のステップ

RSA Adaptive Authentication for eCommerce

RSA Adaptive Authentication for eCommerce

トランザクション エクスペリエンスに対する消費者の満足度を維持しながら詐欺を防止するために、3Dセキュア2.0認証によるPSD2要件をサポートします。

詳しく読む

アカウント乗っ取りからの保護

アカウント乗っ取りからの保護

顧客の利便性を犠牲にせずにアカウント乗っ取りを防止するために、RSAが不正防止機能を提供する方法をご覧ください。

アカウント乗っ取りの防止

コンプライアンス プログラムのモダナイズ

コンプライアンス プログラムのモダナイズ

リスクとコストを軽減しつつ、銀行がPSD2や他のグローバル規制の要件を満たすのに、RSAがどのように役立つかを説明します。

コンプライアンスのモダナイズ

Recommended for you