アカウント乗っ取りからの保護

お客様のビジネスの優先度とリスク許容度に合わせた不正行為防止

アカウント乗っ取りの被害コストは高い

アカウント乗っ取りの被害コストは高い

RSAの概算では、アカウント乗っ取りによって組織が被っているコストは平均で1時間あたり267,300ドルとなっており、アカウント乗っ取りは組織が現在直面しているオンライン不正行為の脅威の中で最もコストの高いものの1つとなっています。RSA Adaptive Authenticationは、利用者の保護とアカウント乗っ取りや他のオンラインの不正行為の脅威による損失の低減を目指す組織のために、リスクベースの多要素ユーザー認証を提供します。

詳細はこちら

50億ドル

50億ドル

アカウント乗っ取りによる米国のビジネスの推定損失額(2017年)

出典:Javelin Strategy & Research『2019 Identity Fraud Study

256億ドル

256億ドル

2020年までに予想される、詐欺的なオンライン トランザクションによる推定損失額

出典:Juniper Research『Online Payment Fraud

89%

89%

アカウント乗っ取りがデジタル チャネルにおける損失の最も一般的な原因だと考えている財務担当重役の割合

出典:Aite Group LLC『Digital Channel Fraud Mitigation

アカウント乗っ取り防止の課題

アカウント乗っ取り防止の課題

多くの脆弱性が存在しています。組織がオムニチャネル型ビジネス戦略を展開していくと、サイバー犯罪者は付け込むための新たな脆弱性とポイント オブ コンプロマイズを見つけます。

データ侵害によって、ここ数年間で数十億のユーザー名とパスワードが流出し、アカウント乗っ取りの急増につながりました。

攻撃はますます巧妙になってきており、優れたユーザー エクスペリエンスを維持しながら、ユーザー本人となりすましを区別することが難しくなっています。

RSA Adaptive Authenticationがどのように役立つかを確認する

アカウント乗っ取りを防止するためのベストプラクティス

アカウント乗っ取りを防止するためのベストプラクティス

ビジネス目標とリスク管理目標に合わせて不正行為防止に取り組み、利用者の快適なデジタル エクスペリエンスを維持します。

高度な機械学習、分析モデル、リスク評定を活用して、ユーザー行動、デバイス タイプ、不正行為インテリジェンスを含むさまざまなリスク指標を分析します。

正確さと誤検知率の低さ、さまざまなデジタル チャネルについての詳細な可視性を提供することで知られるツールとサービスによって、不正対策チームの効率性を向上させます。

お客様事例

Hong Leong BankはRSAのインテリジェントな不正対策サービスを導入しています

Hong Leong BankはRSAのインテリジェントな不正対策サービスを導入しています

法規制コンプライアンス責任者であるEdward Lam氏が、同銀行のセキュリティの課題、RSAを選んだ理由、RSAの不正行為防止ソリューションから得ている価値について説明しています。

Q&Aを読む

Hong Leong Bank

RSAの他のソリューション

RSA Adaptive Authentication

RSA Adaptive Authentication

RSA Adaptive Authenticationにより、どのようにしてユーザー エクスペリエンスを損なわずにアカウント乗っ取りを阻止できるかを説明しています。

アカウント乗っ取りの阻止

PSD2コンプライアンスへの対応

PSD2コンプライアンスへの対応

快適なユーザー エクスペリエンスを維持しながら、PSD2の強力な本人認証(SCA)の要件を満たします。

オンラインの不正行為の防止

サイバー攻撃リスクの軽減

サイバー攻撃リスクの軽減

脅威に優先順位をつけることで、組織はそれぞれのサイバー攻撃に応じて調整した効果的な対応を行うことができ、それはビジネスへの影響を最小限に抑えることにつながります。その詳細をご確認ください。

対応の調整

Recommended for you