サイバーセキュリティ トレーニング

​RSA University

RSAでは、セキュリティ チームのパフォーマンスを強化し、組織の一般従業員のセキュリティに関する知識を向上させるため、約200種類のオンラインおよびクラスルーム形式のトレーニング コースを用意しています。製品固有のトレーニング プログラムを利用し、RSA製品の技術者認定を取得するために、詳細なトレーニングに関する幅広いカタログに加えて、多数の無料のオン デマンド コースを選択できます。

サイバーセキュリティ トレーニング プログラム

RSAが提供するさまざまなトレーニング プログラムをご活用ください。

RSA Archer® Suite

さまざまなRSA Archerソリューションについて、その機能、特定のRSA Archerソリューションを実装する前の考慮事項、RSA Archer GRC環境の計画、構成、管理方法、アクセス制御の設定とユーザー向けダッシュボードおよびレポートの作成方法などの詳細をご確認ください。管理者、ビジネス ユーザー、エンド ユーザー向けのトレーニングをご用意しています。

RSA NetWitness® Platform

RSA NetWitness Platformを使用して組織内の高度なサイバー脅威を検出し、これに対応するために必要なスキルを習得してください。カスタマイズされたオン デマンドのライブ セキュリティ トレーニングでは、専門のインストラクターが指導に当たり、アナリストがネットワーク上やエンドポイント間の脅威を探索する方法や、NetWitness Platform環境を管理する方法、コンテンツ開発者が日常的な職務に脅威インテリジェンスを適用する方法などを教示します。

RSA SecurID® Suite

任意のデバイスから任意の承認済みアプリケーションに、便利で安全なアクセスを構成することにより、エンタープライズ リソースを保護する方法について説明します。最高レベルのID保証のためのリスク エンジン ポリシーを定義します。組織内の許可されたユーザーに対する利用資格のプロビジョニングとプロビジョニング解除を完全に自動化します。認定キャンペーンおよび組み込み型ポリシー管理を使用して、コンプライアンスを達成、維持する方法を確認します。誰が何にアクセスし、それが適切であるかどうかを完全に可視化し、同時にユーザーが主張するとおりの本人であることを確認します。

セキュリティ意識向上トレーニング

RSAセキュリティ意識向上トレーニング プログラムは、サイバーセキュリティの問題に関するユーザーの認知度を向上し、パスワードのセキュリティ、モバイル デバイスのセキュリティ、Eメールのセキュリティに関するベスト プラクティスを教育するために作成されています。ITスタッフとソフトウェア開発スタッフ向けの専用トレーニングが用意されています。これにより、日常的なタスクや職務にセキュリティを組み込めるようになります。

技術者認定

RSAの技術者認定プログラムでは、テクノロジー プロフェッショナル向けに、RSAエンタープライズ セキュリティ システムの導入とメンテナンスに必要な知識、スキル、資格を提供します。いくつかの技術者認定試験は、製品のスイートごとにご利用いただけます。

メリット

トレーニングを通じてキャリア開発の機会を提供することで、セキュリティ チームの生産性を向上させ、仕事の満足度を高めます。

最新のサイバー脅威に関する教育を施すことで、従業員がマルウェアをダウンロードしたり、悪意のあるWebサイトを閲覧したりフィッシング詐欺にかかったりしないようにします。

RSA製品が適切に実装、構成され、最適に機能していることを確認します。

会社全体の「セキュリティ対策」を強化し、エンタープライズ全体にセキュリティの文化や考え方を植えつけます。