プロアクティブ サイバー脅威検出サービス

​RSA Incident Response Practice

サイバー攻撃の先行指標を検出できれば、本格的なデータ侵害が生じたり、ミッション クリティカルなシステムが中断されたりする前にサイバー攻撃を阻止することができます。RSA Incident Response Practiceは、最も高度なサイバー攻撃さえも非常に早い段階で特定する支援ができるお客様が専門リソースを提供します。

特長

IRディスカバリ

IRディスカバリ

RSA Incident Response Practiceのメンバーは、RSA NetWitness® PacketsとRSA NetWitness Endpointを使用して、潜在的な悪意のあるアクティビティを明らかにします。IR Discoveryサービスの成果物には、特定された脅威ごとの具体的な改善アクティビティを推奨する調査結果レポートが含まれます。

IRジャンプスタート

IRジャンプスタート

サイバー脅威の検出と分析のアクティビティを実施するRSAインシデント レスポンス サービスと緊密に連携することにより、RSA NetWitness Logs & PacketsとRSA NetWitness Endpointへの投資を最適化できます。このサービスでは重要な知識の伝達が行われ、サブスクリプション ベースでサービスを継続的に利用できます。

インシデント対応リテイナー

インシデント対応リテイナー

RSA Incident Response Retainerは、セキュリティ侵害が疑われる場合に、RSAのインシデント対応チームが関与する迅速なプロセスを提供します。サービスには、セキュリティ侵害の特性と範囲を判別するために初期段階で行うインシデントの優先順位付けと解析が含まれます。

メリット

プロアクティブ サイバー脅威検出機能により、有害なサイバー攻撃やデータ侵害が発生するリスクを軽減します。

何に注目すべきかを熟知している、最も高度なテクノロジーに関するトレーニングを受けた、経験豊富なプロフェッショナルのチームを利用できます。

ファイアウォール、侵入検知システム、ウイルス対策ソフトウェアなどの従来型セキュリティ防御を迂回する高度なサイバー脅威をセキュリティ組織が特定できるようにします。

RSAの業界をリードする高度なサイバー脅威検出ツールの機能と、膨大なサイバー脅威インテリジェンス ネットワークを活用して、これまで見たことのない標的型攻撃の新たな手法を明らかにし、脅威の範囲と潜在的な影響を迅速に評価できます。

「RSAは、セキュリティ分野に強みがあることが長年よく知られた企業であり、当社の信頼できるパートナーです」
​Rasmus Theede
グループ セキュリティ担当コーポレートVP

KMD