デモに登録

営業へのお問い合わせ

無償トライアル

Benefits

  • 内部関係者の脅威や、不正に入手した認証情報を使用してデータを盗んだり業務を中断させたりする部外者の行為によって引き起こされるサイバー攻撃が組織にもたらすリスクを削減します。

  • クラウド ベースやSaaSアプリケーションを、そのシステムやそこに含まれるデータにアクセスできるのは許可されたユーザーのみであることを認識しながら、利用できます。

  • ビジネス ニーズに即したスピードで、業務を行うのに必要なリソースへのシームレスで適切なアクセスをユーザーが確保することで、従業員の生産性と効率性を向上させます。

  • アクセス管理、IDガバナンス、IDライフサイクルのアクティビティを調整することにより、経路としてのIDを抑制します。

  • アクセスを管理するために、効果的な統制を導入していることを認識した上で、安心してサード パーティと連携できます。

Features

  • RSA Identity Governance & Lifecycle Practice

    RSAは、組織全体のIDランドスケープを可視化するガバナンス ベースのID戦略を提唱しています。誰が何にアクセスするかを把握することにより、企業はアクセスに関するインテリジェントな意思決定を行うことができます。RSA Identity Governance & Lifecycle Practiceには、拡張エンタープライズ全体にわたるアイデンティティ管理のためのガバナンス アプローチの構築を支援できるシニア ソリューション アーキテクトとコンサルタントが参加しています。

  • RSA SecurID® Access Practice

    データ侵害の大部分は、脆弱な認証情報や、盗難またはその他の方法で不正に入手された認証情報が原因であるため、すべてのIDプログラムにおいて、整合性と信頼性のある方法でユーザーを認証し、アプリケーションとデータへのアクセスを制御する機能が重要になります。RSA SecurID Access Practiceには、クリティカルなシステムへのアクセスに対して厳格な制御を維持している、最もセキュリティ意識の高い企業や政府機関をいくつも支援してきた数十年の経験があります。