デモに登録

営業へのお問い合わせ

無償トライアル

Benefits

  • 全体としてセキュリティ オペレーション センターを構成する人員、プロセス、テクノロジーを同期させることで、標的型サイバー攻撃を検出して対応する能力が向上します。

  • システムのアーキテクチャ モデル(技術上および運用上の仕様と機能を含む)、組織および人員配置のモデル、セキュリティ オペレーション センター向けのサイバー インシデント対応プログラムに関する詳細な推奨事項を取得します。

  • サイバー攻撃によって業務の中断やデータの盗難が発生する前に、攻撃を最も早い段階で識別して阻止する能力を得ます。

  • 冗長で関連性のないデータを排除しながら、組織に対する標的型攻撃の検出を向上するために、どのような情報源から情報を収集し、どのような兆候に注目すべきかについてご確認ください。

Features

  • 主なエンゲージメント アクティビティ

    RSAアドバンスト サイバーディフェンス サービスでは、セキュリティ オペレーション センターの機能の現状とあるべき姿にフォーカスし、人員、プロセス、テクノロジーの要件を特定するため、主要なステークホルダーへのインタビューやワークショップを実施します。また、テクノロジーの徹底的なレビューを行い、文書を作成します。

  • サイバー インシデント対応フレームワーク

    RSAが推奨するインシデント対応手順は、NIST(National Institute of Standards)のサイバーセキュリティ フレームワークに示されている手順に沿っています。

  • 成果物

    成果物は、組織独自の要件に特化してカスタマイズされたSOC設計レポートとランブックからなります。人員配置、組織モデル(プロセス、処理手順、ワークフロー)、ツールとテクノロジー(RSA以外のものを含む)に対応します。

  • ユースケース フレームワーク

    RSAユースケース フレームワークは、ビジネス上のリスクを適切に識別し、それを軽減するために必要な統制を的確に実施することを保証します。フレームワークでは、統制の目的および目標、統制のモニタリングを担当するステークホルダー、統制のロジックとデータ要件、統制のテスト、対応手順が考慮されます。

  • 組織モデル

    必要なロール、スキル、技術者認定を特定し、シームレスな引き継ぎとエスカレーション プロセスを実現するための体制図とシフト スケジュールを策定します。RSAでは、サイバーセキュリティの人員不足が依然として組織の継続的な課題であることを認識し、RSAアドバンスト サイバー ディフェンス サービスのコンサルタントがお客様組織内のリソースを長期間補完するレジデンシー サービスを提供します。