ビジネス回復力の維持

RSA Advanced Cyber Defense Practice

セキュリティ オペレーション プログラムでは、脅威の検出とサイバー インシデント対応を促進するための専用機能を提供することで、ビジネスのリカバリ性を強化できます。RSA Advanced Cyber Defense Practiceは、高度なセキュリティ オペレーション センターに必要な人員の配置、プロセス、処理手順、テクノロジーの設計、実装に役立ちます。

特長

成果物

成果物

成果物は、組織独自の要件に特化してカスタマイズされたSOC設計レポートとランブックからなります。人員配置、組織モデル(プロセス、処理手順、ワークフロー)、ツールとテクノロジー(RSA以外のものを含む)に対応します。

サイバー インシデント対応フレームワーク

サイバー インシデント対応フレームワーク

RSAが推奨するインシデント対応手順は、NIST(National Institute of Standards)のサイバーセキュリティ フレームワークに示されている手順に沿っています

ユースケース フレームワーク

ユースケース フレームワーク

RSAユースケース フレームワークは、ビジネス上のリスクを適切に識別し、それを軽減するために必要な統制を的確に実施することを保証します。フレームワークでは、統制の目的および目標、統制のモニタリングを担当するステークホルダー、統制のロジックとデータ要件、統制のテスト、対応手順が考慮されます。

組織モデル

組織モデル

必要なロール、スキル、技術者認定を特定し、シームレスな引き継ぎとエスカレーション プロセスを実現するための体制図とシフト スケジュールを策定します。RSAでは、サイバーセキュリティの人員不足が依然として組織の継続的な課題であることを認識し、RSAアドバンスト サイバー ディフェンス サービスのコンサルタントがお客様組織内のリソースを長期間補完するレジデンシー サービスを提供します。

主なエンゲージメント アクティビティ

主なエンゲージメント アクティビティ

RSAアドバンスト サイバーディフェンス サービスでは、セキュリティ オペレーション センターの機能の現状とあるべき姿にフォーカスし、人員、プロセス、テクノロジーの要件を特定するため、主要なステークホルダーへのインタビューやワークショップを実施します。また、テクノロジーの徹底的なレビューを行い、文書を作成します。

メリット

全体としてセキュリティ オペレーション センターを構成する人員、プロセス、テクノロジーを同期させることで、標的型サイバー攻撃を検出して対応する能力が向上します。

サイバー攻撃によって業務の中断やデータの盗難が発生する前に、攻撃を最も早い段階で識別して阻止する能力を得ます。

システムのアーキテクチャ モデル(技術上および運用上の仕様と機能を含む)、組織および人員配置のモデル、セキュリティ オペレーション センター向けのサイバー インシデント対応プログラムに関する詳細な推奨事項を取得します。

冗長で関連性のないデータを排除しながら、組織に対する標的型攻撃の検出を向上するために、どのような情報源から情報を収集し、どのような兆候に注目すべきかについてご確認ください。

リソース

ソリューション概要

  • ビジネス主導型セキュリティ - RSA NetWitness Threat Detection & Response 脅威の検出と対応プログラムを実装または増強するには、多くのオプションがあります。今後も存続するであろう、多くのベンダーとオプションが存在し、プロセスに対する非常に多様なアプローチがいくつかあります。RSAにおける我々の見解は明確です。私たちは、ビジネスの中核としてセキュリティを統合するビジネス主導のセキュリティの考えを促進します。このアプローチは、セキュリティを2つの重要な点で向上させると考えています。これにより、セキュリティ チームの運用効率が強化され、チームがより戦略的にセキュリティ リスクを管理できるようになります。ビジネス主導型セキュリティは、組織がITインフラストラクチャの保護を考える上で重要な進化であり、組織の内外の急激な変化、および、従来のセキュリティへのアプローチは効果がかなり薄れてしまったという事実がこの進化を促進します。

ビデオ

  • RSA on Insider Threat and ATM Malware RSAのリサーチャー兼プリンシパル コンサルタントのJared Myerがお伝えする、ATMマルウェアに関する最新情報をご覧ください。このビデオでは、内部関係者の脅威について説明します。
  • RSA Cybersecurity Poverty Index RSA Cybersecurity Poverty Indexは、現状のサイバーセキュリティの成熟度を示す基準となります。あなたの組織の現状は?

デモをご希望ですか?

今すぐ無料のデモ版にサインアップし、現行の製品をご確認ください。

購入をご検討ください。

購入は簡単です。RSAのエキスパートにいつでも見積りを依頼してください。