デモに登録

営業へのお問い合わせ

無償トライアル

Benefits

  • ビジネスの優先順位に合わせてサイバーセキュリティ戦略を調整します。

  • 組織のセキュリティの成熟度レベルを同業他社との比較で評価します。

  • 短期的、中期的、長期的な優先順位に関して、経営陣レベルの合意を促します。

  • 攻撃に対する組織の脆弱性をそのまま放置する要因になる、既存のセキュリティ制御のギャップを把握します。

  • 最も重要なものの保護にリソースを割り当てることで、サイバーセキュリティの予算を最適化します。

Features

  • 統制の評価

    評価では、ビジネスとの連携、リスクの調整、コンテンツ インテリジェンス、分析インテリジェンス、脅威インテリジェンス、インシデント対応業務、多層防御、レポート作成およびメトリックという、主な管理領域を表す8つのコア ドメインに重点が置かれています。

  • 経営幹部に提示する調査結果とプレゼンテーション

    経営幹部に提示する調査結果では、特定したセキュリティ ギャップを記載したドキュメントと、改善の推奨事項の優先順位リストが提供されます。

  • エンゲージメント アクティビティ

    エンゲージメント アクティビティには、優先度、リスク プロファイル、セキュリティ ポリシーおよびプロセスを議論するビジネス リーダーへの詳細な聞き取り調査と、テクノロジーのレビュー、セキュリティ ポリシー、標準およびガイドラインのレビュー、インシデント対応のプロセスとワークフローのレビューがあります。

  • サイバーセキュリティの成熟度スコアカードとベンチマーキング

    成熟度スコアカードでは、組織の現在と目標とするサイバーセキュリティの成熟度を、統制の評価で示された8つのコア ドメインに対してプロットし、さらに同業他社の組織とも比較します。ベンチマーキングを行うことで、クライアントはギャップやリソース要件を経営幹部チームに伝えやすくなります。