アドバイザリーおよびアセスメント サービス

RSAの支援を得てデジタル リスクの管理能力を成熟させる

すぐに実施可能なガイダンスを得てデジタル リスク管理を強化してください

すぐに実施可能なガイダンスを得てデジタル リスク管理を強化してください

さまざまなデジタル リスク対する組織の管理能力を評価します。次に、デジタル リスク管理の成熟度を向上させるための明確ですぐに実施可能なロードマップを取得し、デジタル トランスフォーメーションによってもたらされるセキュリティのギャップを埋めてください。RSA Risk & Cybersecurity Advisory Practiceサービスは、ビジネス上の成果をもたらし、サイバー リスク計画と成熟度測定、サイバーセキュリティ戦略、リスク管理、M&Aデュー デリジェンス、仮想CISOなどに対応します。

詳細はこちら

RSAのリスク フレームワーク

サイバーセキュリティ戦略とビジネスおよびリスク関連の目標を整合させる

サイバー インシデント リスク

このリスク フレームワークは、高度な攻撃を検知し、防御する能力をベンチマークに従って評価します。これは、コアのNIST Cybersecurityドメイン(アイデンティティ、保護、防御、リカバリー)全体の成熟度を評価し、改善するように設計されています。

移動が多い社員のリスク

このリスク フレームワークは、仕事のあり方、社員のタイプ、世代スタイル、多様なツールセットに関連するリスクを特定し、軽減するためのプログラムを実装するうえで組織を支援します。

サードパーティ リスク

このリスク フレームワークは、組織が依存するベンダー、サプライヤー、サービス プロバイダーに関連するリスクをプロアクティブに特定して継続的に軽減するための戦略の策定を支援します。

マルチクラウド リスク

このリスク フレームワークは、クラウド、ハイブリッド、仮想化インフラストラクチャのITの導入に起因するリスクを対象とし、複雑さを増しているクラウドベースのエコシステムに対応するためのプログラムやプロセスの開発を支援します。

Recommended for you