Data & Spec Sheet March 01, 2015

RSA® Adaptive Authentication for eCommerce

トランスペアレントな保護を提供 & 顧客がオンラインで買い物をするクレジットカード発行企業の不正管理

ダウンロード

RSA Adaptive Authentication for eCommerceは、金融機関がオンライン ショッピング環境で、カード所有者保護と不正行為管理を構築するためのソリューションを提供します。3Dセキュア プロトコルとインフラストラクチャを使用することで、小売企業とカード発行企業は、カード所有者に一貫性のある安全なオンライン ショッピング エクスペリエンスを提供すると同時に、チャージ バック損失のリスクを低減することができます。

現在、RSA Adaptive Authentication for eCommerceは、市場で他のソリューションよりも多くのカード所有者(デビットとクレジット)により使用されており、Visa、MasterCard、American Expressにより承認されたアーキテクチャを採用しています。&Adaptive Authentication for eCommerceは、ネイティブなトランザクション モニタリングを備えた3Dセキュア サービスを提供するために、RSA Risk EngineとRSA eFraudNetwork™サービスを活用しています。RSAは、増え続ける不正行為の課題を管理すると同時に、トランザクション破棄を避けるために小売企業が必要とするショッピング エクスペリエンスを作り出す単一のソリューションを、カード発行企業に提供します。

RSA Adaptive Authentication for eCommerceにより、発行元の銀行は、カード所有者のオンライン エクスペリエンスに影響を与えることなく、VbV(Verified by Visa®)、MasterCard SecureCode、American Express SafeKeyを提供できます。RSA Risk Engineを使用することで、Adaptive Authentication for eCommerceは、トランザクションのリスク レベルを決定するために、各トランザクションをリアルタイムで透過的に評価できます。ハイリスクと判定されたトランザクションに関わるカード所有者のみが、2つ目の方法による認証を提供するように求められるので、参加小売企業の約93%のトランザクションが、3Dセキュア検証プロセスに煩わされずに済みます。さらに、透過的な認証レイヤーにより、カード所有者はVbV、SecureCode、またはSafeKeyの登録プロセスの実行を求められることがなくなり、スムーズにオンラインE-コマースを実行できます。