White Papers December 01, 2014

PROVISIONING 2.0: THE FUTURE OF PROVISIONING

このGI(Goode Intelligence)によるホワイト ペーパーでは、新しいITサービス モデルが急速に導入されている時代において、既存のプロビジョニング ソリューションがビジネスのサポートに失敗している状況について説明します。モバイルおよびクラウド コンピューティングをサポートする新しいITサービス モデルは、旧式のIDおよびアクセス ガバナンス ツールですでに苦労している組織に新たな問題を生みだしています。このホワイト ペーパーでは、非常に繊細なビジネス プロセスにプロビジョニングを織り込むことを目標とする、プロビジョニング2.0のビジョンについて説明します。プロビジョニング2.0はビジネス主導であり、導入と維持が容易で、今日のアジャイルIT向けに構築されています。

ダウンロード

従来のプロビジョニング ソリューションは、企業データにアクセスする場所や方法が変化する、より俊敏なITデリバリの要件を満たせる状況にはありません。エンタープライズ データが、さまざまなデバイス(スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、デスクトップ)により次々と作成され、アクセスされます。これらのデバイスは、企業(会社が支給するデバイス)、または従業員(BYOD:Bring Your Own Deviceがサポートされている場合を含む)により所有されています。このデータと、それを管理するソフトウェア サービスは、従来の内部境界線に拘束されるわけではありません。

provisioning-2-0-future-provisioning-thumb
ダウンロード 印刷