テレワーク体制の早急な立ち上げにあたって:セキュアなVPN接続にはRSAの多要素認証を

感染症の世界的な流行をきっかけに、多くの企業がリモート アクセスの増設やテレワーク体制の確立を急いでいます。しかし、パスワードよりも強力な何らかの認証方法でVPNのセキュリティを保護する適切な対策を講じないと、一つのリスク(耐久性)に対処するつもりが、思いがけず別のリスク(セキュリティ)を誘発するおそれがあります。

そこで考えられるのが、多要素認証(MFA)を実装して不正アクセスからVPNを保護するという方法です。実はMFAによるVPNのセキュリティ保護では考慮すべき点もあります。RSAのプレイブック『多要素認証によるセキュアなVPN接続: 正しく理解するための3つのポイント』をダウンロードして、次のことをご確認ください。

  • 現在のようなリスク状況下では、MFAをVPNユーザーへ拡大適用することが唯一の選択肢である理由
  • コスト効率良くMFAを導入する方法
  • セキュリティとユーザー エクスペリエンスの目標を達成するために実施する3つの基本ベスト プラクティス
  • RSA SecurID Accessの主なメリット 
Recommended for you