Webcasts

Implementing a Risk Migration Plan for PCI DSS 3.1

PCI DSS v3.1規則の下では、SSLおよびTSL(Transport Layer Security)プロトコルの初期バージョンは、プロトコルに"内在する弱点"のために、決済データ保護の条件を満たしていないと考えられています。決済を処理する組織は、2018年6月までにTLS 1.1暗号化以上に移行する必要があります。既存の実装がSSLや初期のTLSを使用している場合、この日よりも前に、リスク軽減と移行計画を正式に用意する必要があります。その上、今後のPCI DSS 3.2に関する詳細情報がリリースされています。

新たな脅威と新しい規制に溢れた環境にて、リスク管理はかつてないほど重要になっています。このウェビナーでは、実践的なリスク軽減計画を実行することで、SSLとTLSの脆弱性に対処する方法を確認します。ご参加いただき、リスクの軽減、コンプライアンスの確保、その他重要な機能をすべて備えた革新的なデータ中心の保護テクノロジーをご確認ください。特に、2018年中旬まで、潜在的に安全性の低い転送方式を使い続ける予定がある場合には、ぜひご確認ください。

スピーカー:
Branden williams博士
RSA、Mason Karrer
HPE Data Security、Stuart Hince氏
PCI SSC、Emma Sutcliffe氏