Webcasts

Best Practices to Prevent Data Breaches in 2016

2014年のデータ侵害のほぼ40%は外部からの侵入によるものであり、残りは内部統制/従業員の対策の欠如、デバイス/ドキュメントの紛失または盗難、ソーシャル エンジニアリング/不正行為により発生しました。幸いなことに、セキュリティ侵害のほとんどは、実績あるテクノロジーを使用した基本的なセキュリティのベスト プラクティスを導入し、強制適用することで防止できます。 

データ保護計画を確立し、PCIコンプライアンスの維持を従業員に教育して、基本的なセキュリティのベスト プラクティスを導入し、2016年のデータ侵害を防ぐテクノロジー ソリューションを活用する方法について、業界の専門家による説明をご覧ください。 

スピーカー:
RSAのIT GRCストラテジスト、Steve Schlarman
HP Enterprise、Albert Biketi氏
Booze Allen、Hank Thomas氏 

モデレーター:
Privacy Professor、Rebecca Herold氏