Webcasts

5 Key Findings That will Help Support Your Future Identity Projects

IDaaS(Identity as a Service)についてのアンケート結果

IDは今日の最も重大な攻撃経路です。組織がさまざまなツールやアプローチを使用してクラウド、モバイル、Web、レガシー プラットフォームへのアクセスをサポートしようとするとき、どの領域からでも認証情報がひとつでも漏れると、利用者が極めて高いリスクにさらされる恐れがあります。多くのIDプロジェクトが可視性や統制の不足により失敗に終わり、組織が抱えるリスクは日に日に増すばかりです。

IDaaS(Identity as a Service)は、従来のIDソリューションをクラウドに移行させ、IDおよびアクセス管理を変革する可能性があります。とはいえ、組織にとってそれが適切な答えなのでしょうか。

このウェビナーにご参加いただき、調査会社であるKuppingerColeが実施した、CapgeminiとRSAの共同調査の結果をご覧ください。IDaaSに関する意見を経営陣レベルの800人に尋ねたところ、驚きと同時に興味深い結果が得られました。次世代のIDプラットフォームの構築に向けて、組織に有益な情報となる調査結果をご確認ください。