RSA®ラボ

高度な研究開発で、世界で最も差し迫ったサイバー セキュリティの課題解決に向け正面から取り組んできました。

RSAラボは、脅威検出、認証、およびクラウドとIoTのセキュリティを改善する最新鋭のテクノロジーを開発しています。コンセプトや初期開発の段階からベータ テストを経てお客様の手に渡るまで、RSAにおけるイノベーションのライフサイクルは、革新的なスタッフの発想と数百件の特許が基本となっています。

優秀なRSAラボのエンジニアリング チームが開発しているイノベーションと特許出願中のテクノロジーをご覧いただき、すぐにサインアップしてテストできるテクノロジーをご確認ください。

Project Sif

The Project Sif Identity Wallet app leverages blockchain technology to allow the creation and management of decentralized identities and verifiable claims, enabling any person, organization, or thing to interact with any other entity with trust and privacy.

プロジェクトDagr

Dagrアプリケーションは、生体認証と政府発行のIDを組み合わせて高品質の認証を数秒で提供します。強化された速記およびデジタル透かし技法を適用して政府のIDを検証し、それらのIDと生体認証の証拠を比較します。

プロジェクトRhapsody

プロジェクトRhapsodyは、コンシューマーと企業のIDおよびアクセス管理リソースで使用できる認証情報ヴォールトを導入します。このヴォールトは、ユーザーに一生涯帰属し、個人と企業の両方の認証情報を管理します。

近接型認証(近接情報に基づく本人認証)

近接型認証(近接情報に基づく本人認証)では、RSAラボから特許出願中の自動認識テクノロジーを使用し、ユーザーがコンピューターから離れるとコンピューターが自動的にロックされ、ユーザーが範囲内に戻るとコンピューターのロックが解除されます。この認証では、パスワード入力は不要です。

プロジェクトSYN

コンテナ環境に潜む脅威を簡単に見つけられます。プロジェクトSYNは、コンテナ インフラストラクチャ全体からデータを収集する無料のコンテナと、無料のクラウド ベースの高度な分析による異常検出サービスを提供します。

プロジェクトIris

Linux Foundationがホストするオープン ソース プロジェクトであるEdgeX Foundryのメンバーとして、RSAの研究者は、異常な行動や侵害されたデバイスを検出することでEdgeXプラットフォームを保護するための、行動分析ソリューションを開発しています。

RSAラボと標準技術

RSAは、IoTセキュリティ、認証、セキュアな支払いなどのイニシアティブに関連する多数の標準化団体と業界コンソーシアムに積極的に参加しています。

プロジェクトNotus

Notusは、OPC-UA(IoT(モノのインターネット)を基盤とするミッション クリティカルな産業向けアプリケーションで広く採用されている、セキュアで信頼性の高いデータ交換を促進する、産業オートメーションの標準)向けのFIPS準拠のセキュリティ モジュールです。

詳細については、 labs@rsa.com にお問い合わせいただくか、コミュニティ( https://community.rsa.com/community/labs)にアクセスしてください。