RSA NetWitness® Endpoint

RSA NetWitness Endpoint

< 特長 >

エンドポイントでの検出および対応(EDR)

エンドポイントでの検出および対応(EDR)

RSA NetWitness Endpointは、ネットワークの内外を問わず、すべてのエンドポイントのアクティビティをモニタリングし、セキュリティ状態を詳細に可視化して、問題が発生したときにアラートに優先順位を付けます。RSA NetWitness Endpointは、他のEDRソリューションでは見落とされる新規の攻撃や非マルウェア型の攻撃を迅速に検出することで滞留時間を大幅に短縮し、インシデント対応のコスト、時間、および範囲を削減します。

詳細を確認:データ シートを読む

セキュリティ チームの支援

セキュリティ チームの支援

攻撃の範囲を把握して効果的なフォレンジック調査を実施するための最も重要なデータを提供します。

攻撃者の滞留時間を短縮

攻撃者の滞留時間を短縮

根本原因を迅速に分析し、脅威に優先順位を付けて、滞留時間を最小限に抑え、セキュリティ アナリストの効率性を高めて、対応に要する時間を短縮できます。

すべてのエンドポイント脅威を検出

すべてのエンドポイント脅威を検出

ネットワークの内外を問わず、組織のすべてのエンドポイントに対する比類のないリアルタイムの可視性が提供されるため、他のソリューションでは見落とされてしま脅威を特定できます。

エンドポイント データ収集をシンプルに

エンドポイント データ収集をシンプルに

RSA NetWitness Endpoint Insightエージェントは、Microsoft Windowsのログ転送機能およびフィルタリング機能と組み合わせたエンドポイント インベントリ スキャンを提供します。

< 機能の仕組み >

継続的なエンドポイント セキュリティ モニタリングと振る舞いベースの検出の組み合わせ

  • エンドポイントの継続的な監視

    あらゆるエンドポイント(サーバー、デスクトップ、ノートパソコン、仮想マシン)上のすべてのプロセス、実行可能ファイル、イベント、動作を完全に可視化します。この詳細な可視性によって、組織全体のエンドポイントを把握できるため、セキュリティ チームが攻撃のライフサイクル全体とインシデント対応の調査をより適切に管理することが可能になります。

  • 迅速なデータ 収集

    極めて軽量なエンドポイント エージェントを使用して、エンド ユーザーの生産性に目立った影響を与えることなく、エンドポイントのインベントリとプロファイルを数分で完全に収集します。RSA NetWitness Endpointは、Windowsのログとエンドポイントのコア プロセスの両方から、即時のインサイト、対応アクション、メタデータの取り込みを実現します。

  • 拡張性に優れ効率的なソリューション

    RSA NetWitness Endpointは、数百台のエンドポイントから数十万台のエンドポイントに簡単かつ迅速に拡張できる、単一の改ざん防止エージェントを提供します。すべてのデータ ストレージとほとんどの分析がRSA NetWitness Endpointデータベースで行われるため、データの整合性が確保され、エンドポイントへの影響が劇的に軽減されます。

  • 統合された振る舞いベースの検出

    業界初のエンドポイントベースの組み込みUEBAは、組織の通常のエンドポイントの振る舞いに関するベースラインを作成し、脅威を示している可能性のある逸脱を迅速に検出します。次に、RSA NetWitness Endpointは、UEBAモニタリング機能と高度な機械学習アルゴリズムを使用して、潜在的な脅威レベルに基づいてインシデントにスコアと優先順位を付けます。

  • インテリジェントで自動化されたプロセス

    エンドポイント上のプロセスや実行可能ファイルなどを自動的に収集して分析し、不明な項目に関連するあらゆる重要なアクションについてのデータを記録して、高度な分析を適用し、脅威の潜在的な影響と優先順位を決定します。

ユーザーとデバイスを完全に可視化してデジタル リスクを管理

ユーザーとデバイスを完全に可視化してデジタル リスクを管理

エンドポイントは、今日の複雑なデジタル インフラストラクチャ全体で急激に増加しています。そのため、ネットワークの内外を問わず、これらのエンドポイント全体でアクティビティを継続的にモニタリングし、最もリスクの高い脅威を特定する機能は、侵害を迅速に検出してシャットダウンするうえで欠かすことができません。RSA NetWitness Endpointは、エンドポイントの急増に対応するよう拡張できます。

RSA NetWitness Platformでしか発見されなかったマルウェア攻撃(データ漏洩を引き起こす試みを含む)もあります。RSAなしでは、これらのインシデントを阻止することはできませんでした。

Cho Jae-yoon
ITセキュリティ マネージャー

Amore Pacific
AmorePacific

< 関連資料 >

エンドポイントでのプロアクティブな脅威ハンティング

脅威検出および対応を加速

RSAの他のソリューション

サイバー攻撃リスクの軽減

サイバー攻撃リスクの軽減

脅威に優先順位をつけることで、組織はそれぞれのサイバー攻撃に応じて調整した効果的な対応を行うことができ、それはビジネスへの影響を最小限に抑えることにつながります。その詳細をご確認ください。

対応の調整

クラウド トランスフォーメーションの保護

クラウド トランスフォーメーションの保護

クラウドベースのセキュリティ リスクを可視化し、クラウド アプリケーションへの安全なアクセスを提供し、サードパーティー ガバナンスにクラウド プロバイダーを含めます。

クラウドの保護

インサイダー脅威からの保護

インサイダー脅威からの保護

潜在的なインサイダー脅威を検出し、それらがもたらすリスクを評価するために必要な可視性および高度な動作分析を取得します。

インサイダー アクセスの管理

迅速なインシデント対応の調整

迅速なインシデント対応の調整

完全な可視性をビジネス コンテキストおよび脅威インテリジェンスと組み合わせることにより、最も重要な脅威の検出とそれに対する対応を自動化および調整します。

より迅速な対応

RSA NetWitness Endpoint

他のEDRソリューションでは見落とされるエンドポイントの脅威を迅速に検出
RSA NetWitness Endpoint

Recommended for you