デモンストレーションを依頼

営業へのお問い合わせ

効果をベンチマークする

Benefits

  • さまざまなセキュリティ監視システムからのアラートを一元管理し、ビジネス リスクに基づいてセキュリティの調査と対応に優先順位を付け、インシデント管理ワークフローを自動化することにより、セキュリティ オペレーション センターとサイバー インシデント対応の効率性や効果が向上します。

  • セキュリティ インシデントにビジネス コンテキストを加えることで、アナリストは、インシデントがビジネス オペレーションに与える影響を把握できるようになります。

  • 一貫性のある繰り返し利用可能なビジネス プロセスとしてセキュリティ オペレーション センターを管理できます。

  • CISOがその瞬間ごとの環境情報を即座に可視化できるようになるため、ステークホルダーからの個別の問い合わせに回答する能力が向上し、数分で回答できるようになります。

  • 会社のサイバーセキュリティに関する定量的データが提供され、それを最高幹部と共有できるので、予算の増額や業務の改善に関する説得力のあるビジネス ケースの作成に役立ちます。

  • アナリストのダッシュボードには、新規と既存のインシデントすべてが表示されます。

Features

  • イベントのエスカレーション

    アラート/イベントをインシデントに統合し、必要に応じて次のレベルのアナリストにエスカレーションします。データ侵害通知と連絡網をトラッキングします。

  • フォレンジック調査

    アナリストはフォレンジック解析機能を使用して、疑わしいデータ、メモリ データ、疑わしいネットワーク接続などのさまざまなアーティファクトを調査中に収集できます。

  • プロセス ベース

    インシデント対応とデータ侵害対応の手続きと手順を文書化する「対応手順ライブラリ」とともに、修正、封じ込め、データ侵害の対応計画を作成するためのワークフローが含まれます。

  • ITヘルプ デスク統合

    カスタマイズをして、ITヘルプ デスク システムと統合できます。