高度な脅威の検出とサイバー インシデント対応

セキュリティ チームがサイバー脅威を検出し対応するまでの時間が長くなればなるほど、ビジネスを脅かすリスクは大きくなります。RSAの業界をリードする、高度な脅威検出とサイバー インシデント対応の統合ソリューションにより、ますます複雑化するこれらの対応活動をシンプル化し、オーケストレーションすることで、セキュリティ運用チームは、サイバー攻撃の芽を摘み取ることができるようになります。

高度なサイバー脅威からの保護

RSA NetWitness Suiteを使用して、既知のサイバー脅威や未知の攻撃方法から組織を保護します。この受賞歴のあるソリューションは、犯罪者が会社のデータを盗んだりシステムを破壊したりする前に、サイバー攻撃を早い段階で阻止することができます。

ネットワーク モニタリングとフォレンジック

RSA NetWitness Suite(Frost & Sullivanの2016 Global Network Security Forensics Enabling Technology Leadership Awardを受賞)により、ネットワークのあらゆる場所で疑わしいアクティビティを明らかにし、攻撃の詳細な再構成を高速化します。

エンドポイント セキュリティ

ネットワークに断続的に接続するすべてのエンドポイントにわたり、アクティビティを監視することにより、サイバー インシデント対応のコスト、時間、範囲を削減します。Government Security Newsによって「エンドポイント脅威の検出と対応のベストソリューション」と評価されたRSA NetWitness Endpointは、エンドポイントに深く入り込み、他のエンドポイント セキュリティ ソリューションが完全に見逃しているゼロデイ、新しい未知の脅威をより正確に識別します。

セキュリティ行動分析

高度で独自に統合された一連の分析手法を追加設定なくそのまま使用して、IT環境全体の疑わしいアクティビティを高精度に検出し、リアルタイムでインシデントの優先順位を付けることができます。

サイバー インシデント マネジメントとセキュリティ オペレーション

RSA NetWitness SecOps Managerを使用して、セキュリティ オペレーション センターに明確なビジョン、規律、スピードをもたらします。エンド ツー エンドのサイバー インシデント対応プロセスを、社内ポリシーや政府規制に従い、一貫性をもって、厳格に管理します。

次世代のSIEMとは

一連の情報源からのセキュリティ データをリアルタイムで一元的に処理する統合型SIEMプラットフォームにより、サイバー脅威の検出、調査、修正にかかる時間を短縮します。RSA NetWitness Suite(Frost & Sullivanの2016 Global Network Security Forensics Enabling Technology Leadership Awardを受賞)は、組織のサイバー リスクに関する洞察を提供します。

マルウェア検知ソリューション

IT環境にマルウェアが存在することを示すとともに、高度とはいえないシグネチャ ベースやルール ベースの製品をかいくぐる不正ルートやコマンド アンド コントロール通信を発見します。

Benefits

  • オン プレミスから仮想およびクラウドまで、組織のIT環境全体に潜むサイバー脅威をつぶさに可視化します。

  • NIST、US-CERT、SANS、VERISからのベスト プラクティスや業界標準をセキュリティ オペレーション センターに導入し、企業のポリシーや規制条件に準拠する対応プロセスを確実に実施できます。

  • ログやパケットからエンドポイントまで、RSA NetWitness Suite全体にわたる柔軟な導入形態を実現します。

  • より正確なアラートを生成し、誤検知を最小限に抑え、従来のセキュリティ モニタリング システムに起因する「ノイズ」を排除する一方で、調査を行う必要があるインシデント数を削減します。

  • 自社のサイバーセキュリティに関する定量的データを提供して、最高幹部からの難しい質問への回答を可能にして、予算の増額や業務の改善に関する説得力のあるビジネス ケースの作成に役立てることができます。