トークンレス認証

RSA SecurID®リスクベース認証

RSA SecurIDリスクベース認証は、従来のユーザー名とパスワードによるログイン操作を、ユーザーのアクセス リクエストの妥当性を検査するリスク スコアリング エンジンで強化します。従業員がアクセス リクエストを開始するために使用するデバイスについての情報と、一般的なログイン パターンを調べます。

特長

一元管理

一元管理

RSA Authentication Managerプラットフォームは、カスタマイズできる一元的なセルフ サービス管理コンソールを管理者とエンド ユーザーに提供します。

リアルタイムのリスク スコアリング

リアルタイムのリスク スコアリング

リスク エンジンが、ユーザーのデバイスとユーザーの一般的なログイン パターンに関する情報に基づいて、各認証リクエストにリアルタイムでスコアを付けます。

ステップ アップ認証

ステップ アップ認証

追加の認証形式は、トランザクションやアクセス リクエストが高リスクとみなされた場合、または当該エンド ユーザーのトランザクションが通常とは異なる場合にのみ求められます。ステップ アップ認証では、秘密の質問に答えるか、オン デマンドのSMS認証を完了するようにエンド ユーザーに求めることがあります。

1つの一括パーマネント ライセンス

1つの一括パーマネント ライセンス

リスクベース認証とオン デマンドSMS認証の両方を提供する、一括パーマネント ライセンスの形で提供しています。

メリット

SSL VPN、Outlook Web Access、Webポータルなどの幅広いアプリケーションを、コスト パフォーマンスに優れた、リスク ベースの認証でサポートします。

現在、世界中で3億5,000万人を超えるユーザーが使用している実証済みのテクノロジーです。

従来のセキュリティ トークンに依存せずに、Webインターフェイス経由で認証を行う利便性が高く、目立たない方法をユーザーに提供します。

アクセス リクエストを検証するために振る舞い分析を活用する二要素認証システムを使用して、モバイルおよびリモートの従業員、ベンダー、パートナー、コントラクターを含む拡張エンタープライズの環境を保護します。

デモをご希望ですか?

今すぐ無料のデモ版にサインアップし、現行の製品をご確認ください。

購入をご検討ください。

購入'は簡単です。RSAのエキスパートにいつでも見積りを依頼してください。