Benefits

  • RSA SecurIDソフトウェア トークンを使用すると、グローバルなモバイル従業員への二要素認証の配布と管理に関連するワークフローを合理化できます。

  • 企業は、ユーザーが離職する際にRSA SecurIDソフトウェア トークンを再発行(再利用)できます。これにより、組織はテクノロジーへの投資を保護して、拡張できます。また、誰かがデバイスを紛失した場合には迅速にソフトウェア トークンを取り消すことができるため、モバイル デバイス管理が楽になります。

  • RSA SecurIDソフトウェア トークンは、RSA SecurIDハードウェア トークンと同様の、業界をリードする時間同期型アルゴリズムを使用しています。ソフトウェア トークン対称鍵は、ハードウェアに格納されるのではなく、ユーザーのPC、ノートパソコン、スマートフォン、USBデバイスなどに安全に保存されます。

  • 組織は、ネットワーク上で機密トークン情報を送信することなく、トークンをデバイスに安全にバインドできるQRコードのプロビジョニングの使用を選択できます。

  • ソフトウェア トークンを使用すると、企業資産への円滑で安全なアクセスのためにユーザーが管理する必要があるデバイスの数を削減できます。

  • RSA SecurIDソフトウェア トークンは、iOS、Android、Windows Phone、Blackberryなど、広く普及しているモバイル プラットフォームをサポートしています。

  • RSA SecurIDソフトウェア トークンは、安全性の高いプロビジョニング プロトコルであるCT-KIP(Cryptographic Token Key Initialization Protocol)を利用して、二要素認証をサポートします。

  • RSA SecurIDソフトウェア トークンは、400種類を超えるアプリケーションやデバイスと統合できます。統合は無償で利用できます。RSAとパートナーにより、共同でテストされています。

モバイル デバイス、デスクトップ、ノートパソコンなどで使える二要素認証製品

RSAのソフトウェア トークンは、広く普及したデスクトップおよびモバイル デバイスのオペレーティング システムをサポートしています。

Microsoft Windows®用RSA SecurIDソフトウェア トークン

強力な二要素認証によって、組織内のMicrosoft Windowsデバイスを保護します。

Mac OS X®用RSA SecurIDソフトウェア トークン

RSA SecurIDソフトウェア トークンを導入して、Mac OS Xデバイスで二要素認証をサポートできます。

iOS用RSA SecurIDソフトウェア トークン

RSA SecurIDソフトウェア トークンをサポートするよう、Apple iOSデバイスを簡単に設定方法があります。

Android™用RSA SecurIDソフトウェア トークン

ユーザーのAndroidスマートフォンを活用して、二要素認証をサポートします。

Windows Phone用RSA SecurIDソフトウェア トークン

技術仕様とリンクにアクセスすると、Windows Phone用RSA SecurIDソフトウェア トークンをダウンロードできます。

BlackBerry 10用RSA SecurIDソフトウェア トークン

BlackBerry 10用RSA SecurIDソフトウェア トークンをダウンロードするための技術仕様とリンクにアクセスします。

BlackBerry用RSA SecurIDソフトウェア トークン

RSA SecurIDソフトウェア トークンは、BlackBerryデバイスで二要素認証をサポートできます。

RSA SecurIDソフトウェア トークン コンバーター

SDTIDファイルとしてエクスポートされたソフトウェア トークンをCTF(圧縮されたトークン形式)のストリングに変換して、Eメール経由でモバイル デバイス プラットフォームに送信します。

RSA SecurID Mobile SDK(Software Development Kit)

モバイル アプリケーションに、強力なワン タイム パスワードをシームレスに統合します。

RSA SecurIDツールバー

RSA SecurID認証をMicrosoft Internet Explorerに統合して、二要素認証を実現します。