Benefits

  • ハードウェア トークンを調達して管理するコストを削減します。RSA SecurIDハードウェア トークンは一貫して確実にアクセス コードを生成します。また、その耐久性と長寿命のバッテリで知られています。これらの品質は、費用のかかる交換を最小限に抑え、総所有コストを改善し、トークン関連の問題に対処するためのヘルプデスクへの問い合わせを削減します。

  • RSA SecurIDハードウェア トークンは、時間、AES-128アルゴリズム、固有の識別子を組み合わせて暗号値を強化する認証手法を採用しています。米国国立標準技術研究所によって開発されたAES-128アルゴリズムは、米国国家安全保障局から承認を受けており、機密情報を「シークレット」レベルまで保護します。

  • 2つのハードウェア トークン モデルから選択できます。RSA SecurID 700とRSA SecurID 800です。どちらもキーフォブ スタイルのデバイスで、機能も似ていますが、RSA SecurID 800はUSBドライブを搭載しており、Windows®の認証情報やデジタル証明書の格納に使用できます。

  • ハードウェア トークンはどちらのモデルもカスタマイズできます。6桁表示は4桁表示にカスタマイズでき、ワンタイム パスワードの更新は標準の60秒ごとから30秒ごとに設定を変えられます。デバイスに組織のロゴを追加するカスタマイズもできます。

  • 1つのハードウェア トークンを使用して、二要素認証、ハード ディスク暗号化、Eメールの署名など、さまざまな機能を実現します。

  • RSA SecurIDハードウェア トークンは、改ざんに対する耐性があり、劇的な温度変化、水没、機械的衝撃などの極端な物理的条件に耐えるように設計されています。拡張保証では、RSA SecurIDハードウェア トークンのライフタイム保証を提供します。

  • RSA SecurIDハードウェア トークンは、組織のニーズに応じて、有効期間を24、36、48、60か月間に設定できます。