RSA® Data Access Governance

あなたのIT環境内の非構造化データへのアクセスを管理

非構造化データへのアクセスを制御し、非構造化データ ガバナンスのプロセスを実装することができます。

RSA Data Access Governanceは、次のリソースに保存されている非構造化データにアクセスできるユーザーを監視、認定、および報告します。Microsoft Windows/Linux/UNIXファイル サーバー、ネットワーク接続ストレージ、Microsoft SharePointサーバー。

紹介資料

RSA Data Access Governance

RSA Data Access Governanceは、ファイル サーバー、ネットワーク接続型ストレージ デバイス、Microsoft SharePointサーバーに格納されている非構造化データへのユーザー アクセスを制御および可視化できます。

データ シートを見る

特長

拡張性の高いアーキテクチャ

拡張性の高いアーキテクチャ

RSA Data Access Governanceアーキテクチャは、実証済みで拡張性に優れており、数万のファイル共有と数百万のファイルにわたって、すべての組織のパフォーマンス要件を満たすように設計されています。

構成可能なワークフロー

構成可能なワークフロー

ユーザー フレンドリーなワークフローは、組織の独自のデータ アクセス ガバナンス プロセスに合わせて簡単に構成できます。

高度なレポートとリスク分析

高度なレポートとリスク分析

アドホック レポート機能と組み込みの広範なレポート ライブラリの組み合わせにより、すべてのユーザー、データ リソース、データ資格、および認定にわたる詳細な分析とサマリー分析が提供されます。リスク分析により、データ アクセス許可の状態に関するインサイトが得られます。

データ アクセス認定

データ アクセス認定

セキュリティ チームは、アクセス レビューの作成、認定プロセスからの変更のトラッキング、その変更が正常に実行されたことの確認を自動的に行う、反復可能かつ監査可能なビジネス指向の認定プロセスを導入できます。

コントロールの自動化

コントロールの自動化

ビジネスおよびITチームは、職務の分離ポリシー違反などの不適切なアクセス権限のモニタリングを自動化するデータ アクセス ルールを簡単に定義できます。これにより、組織のコンプライアンス リスクへのエクスポージャが軽減されます。

修正

修正

RSA Data Access Governanceは、メールやタスクの通知、既存のID管理およびIT変更管理インフラストラクチャとの統合、またはRSA Identity Lifecycleを使用してユーザー アクセス権限の自動修正をサポートします。

メリット

データ保護の向上

非構造化データ リソースにアクセスできるユーザーを特定および制御することにより、増え続ける非構造化データをより適切に保護できます。

アクセス認定プロセスの促進

ビジネス オーナーを定義し、データ リソースのアクセス レビューを実行して、より迅速でコスト効率の高いアクセス認定プロセスを実現できます。

ビジネス部門との連携

非構造化データ リソースへのアクセス管理に関するビジネス部門の説明責任を向上させることができます。

容易なコンプライアンス

レガシーまたは手動のコンプライアンスを監視するプロセスに関連するコストを削減しながら、データ アクセスに制限を設ける新しいコンプライアンス要件を簡単に満たすことができます。

不正なアクセス権付与検出の改善

データ アクセス権限に対する変更の妥当性を検査するクローズド ループ プロセスにより、非構造化データ リソースへの不正アクセス権付与をより迅速に検出できます。

既存のセキュリティ投資の活用

DLP(データ漏洩防止)システムからMicrosoft Active Directoryのグループ ベースのデータ アクセス ライフサイクル管理およびデータ分類システムを引き続き使用できます。

デモをご希望ですか?

今すぐ無料のデモ版にサインアップし、現行の製品をご確認ください。

購入をご検討ください。

購入'は簡単です。RSAのエキスパートにいつでも見積りを依頼してください。