RSA® Identity Governance and Lifecycle

RSA Identity Governance and Lifecycle

< 特長 >

アクセスを完全に可視化してアイデンティティ リスクを検出

アクセスを完全に可視化してアイデンティティ リスクを検出

RSA Identity Governance and Lifecycleは、ユーザー アクセスの管理方法を変革してシンプルにし、ユーザー プロビジョニング ライフサイクルを自動化して、コントロール、可視化、管理のための卓越した機能を提供します。RSA Identity Governance and Lifecycleにより、デジタル アイデンティティのリスクを軽減し、コンプライアンスの継続的な状態を維持して、ユーザー アクセス ポリシーを適用する新世代のソリューションを手に入れることができます。

詳細を確認:ソリューション概要を読む

アクセスの管理方法をシンプルに

アクセスの管理方法をシンプルに

ユーザー資格情報のモニタリング、レポート作成、認定、修復を完全に自動化してアクセスの提供をシンプルにし、継続的なコンプライアンスの要求を満たすことができます。

コントロールと可視性の向上

コントロールと可視性の向上

孤立したアカウント、不適切なユーザー アクセス、データ セキュリティを危険にさらす可能性のあるポリシー違反を全システムですばやく特定します。

ユーザーと管理者の自律性支援

ユーザーと管理者の自律性支援

ユーザーはアプリケーションに簡単に接続でき、管理者はコストのかかるカスタム コーディングなしで、ポリシー、認定キャンペーン、システム メンテナンスを管理できます。

強化されたリスク インテリジェンス

強化されたリスク インテリジェンス

従業員、パートナー、請負業者がもたらす潜在的なリスクを特定して、侵害やコンプライアンス違反のリスクを軽減できます。

< 機能の仕組み >

コンプライアンス違反、不適切なアクセス、アイデンティティ リスクを検出するための可視性

  • アクセス認証

    ビジネス オーナーがより正確でタイムリーなアクセス レビューを実施できるようにコンテキストを提供することで、ユーザー フレンドリーなアクセス認証を実現します。つまり、アイデンティティ チームとビジネス ユーザーはアクションに優先順位を付けることで、最も重要なアクセス問題に最初に対処し、リスクを軽減できるようになります。

  • ユーザー アクセスのプロビジョニング

    ユーザーが入社したとき、異動したとき、または退職したときに実施されるユーザー プロビジョニング プロセスの全フェーズ(リクエストから承認、フルフィルメント、プロビジョニング解除まで)を合理化して自動化します。RSA Identity Governance and Lifecycleはビジネス フレンドリーであり、アクセスのリクエストとレビューをシンプルにすることでビジネス ユーザーの負担を軽減するように設計されています。

  • ユーザー アクセス ポリシーの自動化

    アクセス レビューと認証を自動化して、すべてのアクセスが既存のビジネス ポリシーと統制に照らして定期的に評価されるようにします。シンプルなプラグ アンド プレイ接続と構成ベースのポリシー、ワークフロー、プロセスにより、アイデンティティ チームにとっての複雑さを軽減できます。

  • 高度なレポート作成

    アドホックな組み込みのレポートとダッシュボードを使用して、すべてのユーザー、データ リソース、資格、認証を対象にアクセスのサマリーを一元的に分析できます。これにより、主要なビジネスへの影響を強調し、時間とコストの節約によるROIを明確に示し、組織のリスクを軽減することが容易になります。

未定

アイデンティティ ガバナンスはデジタル トランスフォーメーションの成功に不可欠です

企業内のモバイル デバイスと接続デバイスの急増により、組織が管理する必要のあるアイデンティティの数も急増しています。そのためセキュリティ チームは、正当なデバイスとユーザーを悪意のあるデバイスとユーザーから区別する機能を必要としています。RSA Identity Governance and Lifecycleは、デバイスとアプリケーション全体でアクセスを完全に可視化して、セキュリティ チームがアイデンティティとコンプライアンスのリスクを迅速に解決できるようにします。

以前はあまりにも多くの監査例外が発見されていましたが、RSAソリューションを導入してからは、その数がごく少数になりました。

Ritesh Mohan
アイデンティティおよびアクセス管理テクノロジー マネージャー

Dell Technologies
Dell Technologies

< 関連資料 >

RSAの他のソリューション

動的なワークフォースのリスクの管理

動的なワークフォースのリスクの管理

多様で分散した動的なワークフォースのデジタル リスクの管理の課題(プライバシーとコンプライアンス、認証とアクセスなど)に取り組むことができます。

従業員への権限の付与

クラウド トランスフォーメーションの保護

クラウド トランスフォーメーションの保護

クラウドベースのセキュリティ リスクを可視化し、クラウド アプリケーションへの安全なアクセスを提供し、サードパーティー ガバナンスにクラウド プロバイダーを含めます。

クラウドの保護

あらゆるプラットフォームへの容易なアクセスの提供

あらゆるプラットフォームへの容易なアクセスの提供

使いやすさとセキュアなアクセスの両方を可能にする、数々の柔軟でシームレスな認証オプションから選択できます。

アクセスの利便性の維持

アイデンティティ保証

アイデンティティ保証

デジタル トランスフォーメーションに伴って増大するアイデンティティ管理の課題に対処するには、セキュリティとユーザーの利便性の間でバランスを取ることが重要です。

ユーザーを理解する

RSA Identity Governance and Lifecycle

アクセスを完全に可視化してアイデンティティ リスクを検出
RSA Identity Governance and Lifecycle

Recommended for you