営業へのお問い合わせ

評価版のリクエスト

デモンストレーションを依頼

Benefits

  • アクセス ガバナンスをシンプル化:ユーザー資格情報のモニタリング、レポート作成、認定、修正を完全に自動化することで、アクセスの提供をシンプルにし、継続的なコンプライアンス ニーズを満たします。

  • 低コストで迅速な導入:カスタマイズよりも設定を重視するアプローチにより、IDガバナンス ソリューションを稼働させるのにかかる時間とコストを減らすことができます。このソリューションは、メンテナンス コストを削減し、最終的には全体的なタイム トゥ バリューを短縮します。

  • エンタープライズ リスクの統制要因としてIDを活用:従業員、パートナー、顧客、および請負業者に起因する潜在的なリスクを識別するのに役立つデータをリスクおよびコンプライアンス チームに提供します。これらの洞察により、コンプライアンス管理を強化して、セキュリティ侵害やコンプライアンス不履行のリスクを低減できます。

  • 持続可能なIDとアクセス管理プログラムを実現:使いやすさを考慮して設計されたRSA Identity Governance & Lifecycleを使用して、ユーザーを簡単に対象システムに接続し、継続的なポリシー作成、認定キャンペーン、システム メンテナンスの管理を支援します。コストのかかるコーディングのカスタマイズは不要です。

  • 制御と可視性を獲得:システムおよびアプリケーション全体にわたってアクセスを一元的に可視化し、孤立したアカウント、不適切なユーザー アクセス、ポリシー違反を迅速に識別できるようにすることで、データを保護する能力を高めます。

  • アクセス リクエストの履行を合理化:ユーザーがコンプライアンス要件に従って必要なときに必要なリソースにアクセスできるようにします。

  • 持続可能なIDおよびアクセス管理プログラムを実現:ユーザーが迅速かつ簡単にアプリケーションに接続できるようにするとともに、管理者がコストのかかるカスタム コーディングを行うことなく、ポリシー、認定キャンペーン、システム メンテナンスを簡単に管理できるようにします。

Features

  • アクセス認証

    正確かつタイムリーなアクセス レビューに必要なビジネス コンテキストとリスク ベースの優先順位付けをビジネス オーナーに提供することで、ユーザー フレンドリーなアクセス認証を実現します。

  • ポリシーの自動化

    アクセス レビューと認証を自動化し、すべてのアクセスが既存のビジネス ポリシーとコントロールに照らして評価されるようにします。

  • 詳細レポート

    アドホックな組み込みのレポートとダッシュボードを使用して、すべてのユーザー、データ リソース、資格、認定にわたってアクセスのサマリーを一元的に分析できます。

  • ユーザー プロビジョニング

    ユーザーが入社したとき、異動したとき、または退職したときに実施されるユーザー プロビジョニング プロセスの全フェーズ(リクエストおよび履行からプロビジョニング解除まで)を合理化および自動化します。

  • セルフ サービス アクセス リクエスト

    直感的なインターフェイスが用意されているため、ユーザーは簡単に自分のアクセス リクエストを送信し、承認を追跡できます。

  • ロールの管理

    「バースライト」資格付与またはその他の要因に基づいてさまざまなロールを簡単に検出、作成、およびモデル化できます。

IDリスクに焦点を当てる

目にするあらゆる場所で境界が曖昧になっており、RSA Identity Governance and Lifecycleは、今日の境界のない世界で発生するIDおよびアクセス リスクからビジネスを保護します。組織の動的なユーザーに、必要なときに必要なアクセスを提供します。RSAを使用すれば、最も重大なリスクを迅速に特定して軽減し、それによる業務の中断を未然に防止できます。

RSA Identity Governance and Lifecycleに関するKuppingerColeのエグゼクティブ ビュー

KuppingerColeのアナリストであるJohn Tolbert氏の最新のレポートを読んで、RSA Identity Governance and Lifecycleが企業内と企業外の両方でデジタルIDを管理するための完全なソリューションである理由をご確認ください。このソリューションは、証明やポリシー例外を含むIDガバナンスのあらゆる側面と、プロビジョニング、資格割り当て、アクセスの調整や削除を含むIDライフサイクルのあらゆる段階に対応しています。

IDガバナンス

RSA® Identity Governanceを使用すると、組織はユーザー資格情報のモニタリング、レポート作成、認定、および修正を完全に自動化することで、コンプライアンスを継続的に管理できます。

IDライフサイクル管理

RSA® Identity Lifecycleにより、適切なユーザーが適切なタイミングで適切なアクセス権を保有することが保証されます。このソリューションは、直観的なセルフ サービスのインターフェイスと、すべてのターゲット システムにわたってユーザー アクセスをプロビジョニングする革新的なアプローチにより、ビジネス ユーザーのアクセス リクエストおよびプロビジョニング プロセスを効率化します。

Data Access Governance

RSA® Data Access Governanceを使用すると、IT組織は、Microsoft Windows、Linux、およびUNIXファイル サーバ(ネットワーク接続型ストレージ デバイス、Microsoft SharePoint Server)に格納されている非構造化データ リソースに対するユーザー アクセス許可の正当性を監視、レポート、および認定できます。

ロールの管理

RSA® Business Role Managerは、トップダウンおよびボトムアップで、ロールの検出、作成、モデリング、提案を行います。このソリューションを使用すると、具体的な職務ロールに関連付けられた「バースライト」資格に基づいてアクセスを合理化できます(人事マネージャは人事システムにアクセス可能など)。また、パターン分析やポリシー検証に基づくメトリック主導型アプローチを使用してロールをモデリングすることもできます。

連邦IDガバナンス

連邦政府関係機関は、特に政府がクラウドおよびモバイル テクノロジーで、モダナイゼーションを進めていることを背景に、IDおよびアクセスの管理に関してこれまで以上に厳格な検査を求められています。RSA Identity Governance and Lifecycleは、コモン クライテリア認定(エンタープライズ セキュリティ管理の保護プロファイル – IDおよび認証情報管理バージョン2.1)を取得しており、ますます厳格になる政府機関のIDおよびアクセス ガバナンスの管理をサポートできます。