RSA Archer® IT Security Vulnerabilities Program

脆弱性スキャンと修正活動の結果を管理します。

  • 実用的なサイバー脅威のインテリジェンス、セキュリティ脆弱性の評価結果、IT資産の重要性に関するビジネス コンテキスト、包括的なワークフローを組み合わせることにより、1つの統合された調査プラットフォームでサイバーセキュリティ リスクをプロアクティブに管理します。
  • ビジネスの重要度に従って脆弱性スキャンに優先順位を付けます。

紹介資料

Data Sheet

RSA Archer IT Security Vulnerabilities Program

このデータ シートでは、RSA Archer IT Security Vulnerabilities Programの概要、RSA Archer IT & Security Risk Managementのユースケースについて説明します。

詳細情報

特長

データ統合

データ統合

既存の脆弱性スキャナーのデータを統合して、新たな脅威についての調査とレポート作成を改善します。

実用的なアラート

実用的なアラート

ITセキュリティ アナリストは実用的なアラートを導入し、キュレーションされた脆弱性スキャン データを分析して、発生する課題に対応できます。

強力なルール エンジン

強力なルール エンジン

パワフルで柔軟なルール エンジンにより、新たな脅威、期限切れの課題、変化するビジネス ニーズに優先順位付けをすることができます。

セントラル リポジトリ

セントラル リポジトリ

セントラル リポジトリと管理モジュールで、強力なセキュリティ脆弱性分析をレポートのワークフローに統合します。

大容量のデータ ストレージ

大容量のデータ ストレージ

大量の脆弱性スキャンの結果を保存します。

メリット

企業全体のセキュリティの脆弱性を明確に把握し、潜在的な脅威を経営陣や取締役会にプロアクティブに報告することができます。

セキュリティ課題に優先順位を付けるために構造化されたプロセスを使用して、多数のスキャナーからの大量のセキュリティ脆弱性データを管理することができます。

重要な修正活動の申し送りに漏れが発生しないよう、セキュリティ組織とIT運用の間の引き継ぎプロセスを改善できます。

セキュリティの脆弱性の管理と修正に伴うコスト、時間、労力を削減しながら、重大なセキュリティ ギャップの解消率を向上させることができます。

検出や検証段階から修正やレポート作成まで、脆弱性課題のライフサイクル全体を管理できます。

Saint Luke's Health System on Mission-Critical Data with RSA Archer

Saint Luke'sはRSA Archerを導入して、ミッション クリティカルなデータの統合と組織の効率性向上に成功

極めて詳細な選定プロセスを経て、GRCソリューションとしてRSA Archerを選択しました。決定の決め手になったのは操作性でした。以前使用していたGRC製品は、エンド ユーザーだけでなく管理者の視点から見ても、操作が難しいインターフェイスでした。そのため、Archerに目を向けて実際にサンドボックス テストを行ったとき、操作がどれほど簡単になるかがすぐにわかりました。
Joe Watkins
テクノロジー リスク管理担当ディレクター

Federal Home Loan Bank of Atlanta

デモをご希望ですか?

今すぐ無料のデモ版にサインアップし、現行の製品をご確認ください。

購入をご検討ください。

購入'は簡単です。RSAのエキスパートにいつでも見積りを依頼してください。