RSA Archer® Enterprise & Operational Risk Management

RSA Enterprise & Operational Risk Management

< 特長 >

組織が直面しているリスクに対する明確で統合されたビューを確認

組織が直面しているリスクに対する明確で統合されたビューを確認

RSA Archer Enterprise & Operational Risk Managementは、企業のオペレーショナル リスク管理プログラムをサポートする単一の中央集約ポイントとして機能します。サイロ化されたリスクリ ポジトリーによく見られるデータをまとめ、リスクの特定、アセスメント、評価、対処、モニタリングを企業全体で一貫して行うための包括的なツール、レポート、ダッシュボードのセットをリスク管理チームと防御の第一線に提供します。

詳細を確認:ソリューション概要を読む

統合リスク アドバイザーを使用して、RSA Archerがリスクの管理にどのように役立つかを確認する

リスク管理への一貫したアプローチを促進

リスク管理への一貫したアプローチを促進

組織のリスク管理プロセスを標準化することで、共通のリスク言語、測定アプローチ、評価尺度、およびレポートを確立できます。

意思決定の向上をサポート

意思決定の向上をサポート

明確で一貫性のある統合型ビューでリスクを把握できるようにして、組織のあらゆるレベルのリーダーがより多くの情報に基づいて意思決定を行えるよう支援します。

リスクに対する説明責任を促進

リスクに対する説明責任を促進

個々のビジネス ユニット マネージャーのリスクに対する説明責任を促進して、組織全体のリスク態勢を改善します。

3つの防衛線を運用

3つの防衛線を運用

リスク マネージャーが監視と例外に焦点を当てる一方で、オペレーショナル リスクの発見と評価にビジネス ユニット マネージャーを従事させることができます。

< ユースケース >

 

オペレーショナル リスク管理の全側面のユースケース

リスク カタログ

RSA Archer Risk Catalogによって、企業全体でリスクを記録してトラッキングし、それらのリスクに対する説明責任を明確化できます。トップダウンの定性的アプローチによって固有リスクと残留リスクを評価し、詳細なレベルからエンタープライズ リスク ステートメントまで、3レベルのリスクのロールアップが可能になります。

トップダウン リスク アセスメント

RSA Archer Top-Down Risk Assessmentを使用して、組織のリスクと統制をドキュメント化します。新製品やサービス、ビジネス プロセス、合併や買収に対して、リスク アセスメントを実行したり、あらかじめ組み込まれたフォームを使用して、自動化されたリスク アセスメント キャンペーンを実施するほか、特定されたリスクに対する課題や改善の進行状況を管理し、レポートを作成することができます。

ボトムアップ リスク アセスメント

RSA Archer Bottom-Up Risk Assessmentを使用して、ビジネス内のオペレーショナル リスクをより効果的に特定する一貫したリスク アセスメント プログラムを実施します。プロジェクトをドキュメント化し、広範なライブラリーに基づいてアンケートを作成して、新しい製品、サービス、業務プロセス、M&Aターゲットの不正アセスメントとリスク アセスメントを実施します。

損失イベント管理

RSA Archer Loss Event Managementによって、損失イベントをトラッキングしてレポートを作成し、根本原因分析を実行して、エンタープライズ全体で説明責任を確立します。損失イベントのレビューと分析のワークフローを自動化して、損失イベントに関するライフサイクル全体を管理できます。

重要指標管理

RSA Archer Key Indicator Managementによって、重要指標のライフサイクルを管理して、ビジネス リスクをモニタリングするとともに、リスクに関するインサイトのレポートを作成します。組織内の各ビジネス ユニットに関連するメトリックを定義して監視することができます。メトリックをリスク、統制、戦略、目標、製品、サービス、業務プロセスと関連付けて、品質保証とパフォーマンスを監視できます。

オペレーショナル リスク管理

企業全体のオペレーショナル リスクの統合ビューにより、リスクをビジネスと関連付けて把握することができます。RSA Archer Operational Risk Managementにより、ビジネス マネージャーが担当範囲内のリスクと統制を特定して管理する方法に一貫性を持たせることができます。

エンタープライズ リスク管理

今日の激しい競争市場で優位に立つための戦略的ビジネス目標に対するリスクを管理できます。企業全体のすべてのリスクを1つのビューに統合してレポート作成と分析を行い、限られたリソースの優先順位の決定を支援します。損失イベントの把握と根本原因分析の実施、重要リスク指標のドキュメント化とモニタリング、リスク アセスメントを実行することができます。

未定

オペレーショナル リスクとデジタル リスクの管理をサポート

デジタル トランスフォーメーションは、企業が管理する必要のある新しいデジタル リスクを多数生み出すと同時に、オペレーショナル リスクに対する組織のエクスポージャを高めています。RSA Archer Enterprise & Operational Risk Managementは、デジタル トランスフォーメーションの計画を策定する際に、すべてのリスクの特定、評価、対処、報告をプロアクティブに行うための応答性の高い単一の一元化プラットフォームを組織に提供します。

RSA Archerのおかげで、一元化された視点から銀行全体のリスクを評価できるようになりました。[このことは]これまでのサイロ化されたアプローチとの大きな違いです。

Martha Dean
SVP兼オペレーショナル リスクおよび情報セキュリティ担当ディレクター

Eastern Bank
Eastern Bank

< 関連資料 >

リスク管理の6つの側面

GRCフレームワークの構築

RSAの他のソリューション

サイバー攻撃リスクの軽減

サイバー攻撃リスクの軽減

組織が現在直面している最も一般的で損失の大きいオペレーショナル リスクの1つに対処する上で、RSAポートフォリオをどのように活用できるかについてご説明します。

対応の調整

ビジネス レジリエンスの構築

ビジネス レジリエンスの構築

デジタル化が進む組織の日々の業務に耐障害性を組み込む方法を説明しています。

耐障害性の組み込み

サード パーティー リスクの管理

サード パーティー リスクの管理

サード パーティーは、ビジネスに重大なオペレーショナル リスクをもたらしています。RSAのソリューションを活用してこのリスクを軽減するさまざまな方法をご紹介します。

サード パーティーの管理

RSA Archer Enterprise &amp; Operational Risk Management

組織が直面しているリスクに対する明確で統合されたビューを確認
RSA Archer Enterprise & Operational Risk Management

Recommended for you