デモに登録

営業へのお問い合わせ

eBookを入手する

RSA Archer Ignition Program

RSA Archer Issues Management

RSA Archer Issues Managementで、コストを削減しつつ、より安全で復元性の高い環境を構築します。このユースケースにより、組織はビジネス全体にわたる既知の問題を統合し、それらの問題をエスカレーションするための構造化されたプロセスを提供することで、新たに発生するリスクにより迅速に対応できます。

RSA Archer Business Impact Analysis

RSA Archer Business Impact Analysisにより、リーダーはリカバリ戦略、タスク、リスク評価など、ビジネス オペレーションに不可欠なアクティビティの優先順位を決定できます。また、企業内の相互に依存するチーム全体で、情報の共有を推進できます。

RSA Archer Risk Catalog

企業全体にわたるリスクをトラッキングし、それらのリスクに対する説明責任を明確化できます。トップダウンの定性的アプローチにより、内在するリスクと残留リスクを評価して、組織のあらゆる側面にわたるリスクを総合的に把握できます。

RSA Archer Third Party Catalog

組織と外部委託先との関係や関連する契約のほか、それらを担当するビジネス ユニットおよび特定の個人をすべてドキュメント化できます。RSA Archer Third Party Risk Catalogは、単一のリポジトリを提供して、すべての外部委託先情報(プロファイル、サード パーティのビジネス階層、担当者、設備、外部委託先側の担当責任者など)を集約できます。

RSA Archerプロフェッショナル サービス

RSA Archerプロフェッショナル サービスは、固定価格の展開および実装サービスを備えたQuick Launchサービスを提供します。これらのサービスを、RSA Archer Platformインストール サービスと組み合わせることで、組織は迅速にGRCプログラム環境を構築し、RSA Archerのユースケースを活用できます。

​RSA University

RSA Universityは、RSA Archerのお客様に、RSA Archer Ignition Programに含まれる各ユースケースのインサイトとベスト プラクティスを提供します。

GRCのRSA Archer

 
 
 

GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)の成熟度を高める方法は組織によって異なるとはいえ、RSA Archerを使用すると、小規模に開始し、短期間で成果を達成して、組織の戦略目標をサポートする長期的なリスクとコンプライアンス戦略の策定ができるようになります。RSA Archerの7つのソリューション分野には、それぞれ30を超えるGRCユースケースに対応した、業界をリードするソリューションが用意されています。

詳細情報