2016 Magic Quadrant for IT Risk Management

最高リスク責任者、シニア リスク マネージャ、ITリスク担当者、セキュリティ担当者はITリスク管理ソリューションの価値に気づき、IT関連のリスクを評価、標準化、整理し、企業のリスク ダッシュボードにレポートしています。

2016 Magic Quadrant for Operational Risk Management

最高リスク責任者と最高情報セキュリティ責任者は、ガバナンス、リスク、コンプライアンスのソフトウェア ソリューションを統合して、企業全体のリスクを総合的に把握しようと努めています。オペレーショナル リスク管理ソリューションは、統合されたGRCとエンタープライズ リスク管理のコア要素として機能します。

2016 Magic Quadrant for Vendor Risk Management

CIOを始めとするシニアITリーダーは、ITベンダー リスク管理ソフトウェアにより、サード パーティのITベンダーやサービス プロバイダーを利用することに起因するリスクを評価、監視、修正できます。GartnerのMagic Quadrantは、この小規模ながら成長著しい市場について、12社のベンダーを評価しています。

2016 Magic Quadrant for Business Continuity Management Planning

BCM(ビジネス継続性管理)は取締役会レベルが取り組むべき課題であり、組織の戦略目標と合致する必要があります。また、BCM担当者が、組織のビジネス変革の推進者になる必要があります。BCM担当者は、もはや、リカバリ プランの演習を指揮して、取締役に毎年報告するプログラムを管理するような二次的な業務の役割を担うことはできません。BCMは、組織の業務の全体像を把握しているため、BCMプログラムが、業務のリカバリ性に関連する取り組みの基盤となる場合があります。今日の先進的なBCMリーダーは、計画外の脅威やインシデントが頻繁に起こるにもかかわらず、これらの責任を受け入れています。

GRCのRSA Archer

GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)の成熟度を高める方法は組織によって異なるとはいえ、RSA Archerを使用すると、小規模に開始し、短期間で成果を追求して、組織の戦略目標をサポートする長期的なGRC戦略の策定ができるようになります。7つのソリューション分野のそれぞれには、30を超えるGRCユースケースに対応するソリューションがあります。