デモンストレーションを依頼

営業へのお問い合わせ

Benefits

  • 組織のリスクと、それが企業全体でどのようにロール アップするかを把握できます。

  • 組織全体でリスクがどのように扱われ、制御されているかを把握することができます。

  • 固有リスク、残存リスクについて発生の可能性と影響を把握することができます。

  • リスクに基づきリソースを優先順位付けし、全ての手順をコントロールすることができます。

  • 設定したリスク許容度、リスク アペタイトと照合してリスクを監視することができます。

  • 課題のエスカレーション、承認、修正を行うための、組織的な管理プロセスを確立することができます。

  • リスクとコントロールの説明責任を持つことで、論理的にリスクに備える文化を醸成することができます。

  • 企業目標、自社製品やサービス、ビジネス プロセスを鑑みた、ビジネスとリスクの関係性を把握することができます。

  • リスクやコントロールが文書化されていない箇所を特定することができます。

  • 関連するリスクを定性的、定量的な単位で比較することができます。

  • 組織内のリスクと内部統制の統合ビューを取得できます。

  • 一貫した用語、リスク評価の方法論、リスクの評価基準、ダッシュボード、通知、レポートを使用することにより、組織全体のリスクを把握することができます。

  • リスクと統制に関する一貫性のあるレポートを、一元的情報管理データベースから迅速に出力することができます。

Features

  • 統合

    組織内リスクと内部統制の統合ビューのカタログを作成することができます。

  • リスク評価

    複数のリスク分野で、固有リスクと残留リスクの定性的評価と経済的評価を実行します。

  • 監視

    設定したリスク許容度、リスク アペタイトと照合してリスクを監視することができます。

  • エスカレーション/承認プロセス

    組織的に管理されたプロセスを通じて課題をエスカレーションし、適切に課題を承認できるようにします。

  • Business Context

    ビジネス活動、リスク、統制の相互関係を精査して、リスクのビジネス コンテキストを迅速に把握します。

  • リスクのマッピング

    ビジネス プロセス、統制、損失イベント、リスク移転、より高いレベルのリスク ステートメント、ビジネス階層、特定の個人にリスクをマッピングすることができます。

  • リスク レジスター

    リスク登録のレコードを、中間レベルやエンタープライズ リスク ステートメントなどの、より高いレベルにロール アップします。

  • 整合性

    一貫性のある用語、リスク評価の方法、評価基準を適用することができます。

  • リスクのレポートとダッシュボード

    事前定義されたレポートとリスク ダッシュボードを通じて、リスクとコントロールのインベントリおよび評価の進捗を可視化することができます。