デモンストレーションを依頼

営業へのお問い合わせ

Benefits

  • インシデント データを一元管理し、エンド ユーザーは、盗難、迷惑行為、不正行為、フィッシングなど、あらゆるタイプのサイバー インシデントや物理的インシデントをレポートできます。

  • インシデント データへのアクセスを制御して、関係者の個人情報と組織の機密情報の完全性を保護します。

  • インシデント タイプを特定の修正および調査手順にリンクして、すべての解決策、修正作業、ステータス、承認のプロセスを監視することができます。

  • 通報者がインシデントを匿名で報告できます。

  • 柔軟なArcher WebサービスAPIを通じて、他のシステム、コール センター、侵入検知サービスからのデータを統合します。

  • インシデントをトラッキングするロールアップ レポートを作成して、その傾向、インシデントの類似点、さらに、リスク、脅威、危機イベントとの関連性を明らかにします。

Features

  • 一元化されたインシデント レポート作成

    セントラル リポジトリは、インシデントのレポート作成、インシデントのライフサイクル管理に有効です。

  • コストの可視性

    解決済みインシデントの解決コスト順のリスト表示を実現します。

  • 連絡先情報の一元管理

    セントラル リポジトリは、調査プロセスに関与するインシデント調査者や目撃者などの連絡先情報を保存します。

  • 細分性の高いカテゴリ分類

    インシデント発生時に実施する必要があるすべての手順を保存し、インシデント タイプ別にカテゴリ分類します。