デモンストレーションを依頼

営業へのお問い合わせ

Benefits

  • 監査プロセスの自動化:監査プロセス全体を1つのシステムに統合し、非効率性と欲求不満を解消できます。監査の人員、予算、リソース割り当てを迅速に確認できます。リアルタイムのダッシュボードを使用して、監査計画を確実に達成できるようにします。指摘事項の管理プロセスを効率化し、最も重要な課題に焦点を当て、経営陣と取締役会に対して重要な情報を報告することができます。

  • 1つの集中型システムで全チームのリスクとコンプライアンスの課題に対処:内部監査、他のリスクおよびコンプライアンス チーム、経営陣から挙がってきたすべての課題が1つの集中型システムに集約され、そのカタログが作成されます。これにより提供される、優先順位付け、対応するビジネス ワークフロー、課題の重要度と修正ステータスの包括的なビューが、すべてのビジネス チームで共有されます。重要な結果を要約し、優先順位を付け、監査委員会とリスクおよびコンプライアンス担当者に伝える一方で、組織の統制の現状、品質、有効性を評価することができます。

  • リスク ベースの監査計画の動的な調整:すぐに使用できるベストプラクティスを使用してリスクを評価し、リスクおよびコンプライアンス担当者から得られるオペレーショナル リスクと統制データを共有することができます。組織のビジネス優先順位と最新のリスク評価に基づいて、監査計画を調整し、取り組みの優先順位を決定します。リスクと統制情報を簡単に統合し、内部監査チームと他のチームとの連携を強化して、リスクとコンプライアンス活動を、より的確に優先順位付けし、より効果的に実行することができます。

  • 効率的に内部監査エンゲージメントを実行:監査エンティティと計画をリスクとコンプライアンスの動的ビューに関連付けて、最も重要な監査エンゲージメントとテスト活動の優先順位を迅速に決定します。既存のリスク評価と統制評価にアクセスすることで、内部、外部の監査業務の範囲を確実に決定し、チームの効率性を高めると同時に、規制当局と外部監査人に正当な根拠を提供します。

RSA Archer Issues Management

GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)および監査のプロセスや業務グループによって提起された課題を一元的に管理できます。優先順位付け、ワークフロー、構造、説明責任を確立するための基盤を構築して、指摘事項、改善計画、例外を管理することができます。新たに発生するリスクにすばやく対応してそれを軽減し、コストを削減しつつ、より強力なセキュリティとリカバリ性を備えた環境を構築できます。

RSA Archer Audit Engagements & Workpapers

監査エンゲージメントを効率よく実行し、監査調書を作成/管理して、監査結果についての一貫性のあるタイムリーなレポート作成を行います。監査の範囲をより適切に設定し、より迅速に実行することで、外部監査費用を削減することができます。経費レポートを追跡し、タイムシートを管理して、監査エンゲージメントに適切な要員を配置することができます。

RSA Archer Audit Planning & Quality

監査計画にリスク ベースのアプローチを採用して、優先順位の付いたタイムリーかつ効果的な監査計画となるよう徹底します。組織全体の監査対象エンティティのリスクを簡単に特定、定義、評価します。監査計画と実行ライフサイクル全体を統制して、監査に関連する活動、および取締役会、規制当局、外部監査人へのレポート作成のガバナンスを改善します。