デモに登録

営業へのお問い合わせ

アカウントの乗っ取りとの戦いに勝利する方法

5分の3のユーザーは、上位のセキュリティ懸念事項として、Web上のパスワード侵害を挙げています。

RSA 2017 Consumer Cybersecurity Confidence Indexから得られる洞察は、お客様の安全なオンライン エクスペリエンスを促進する投資を実施する強力なビジネス ケースの作成を支援します。また、不正行為による損失を削減するのに役立ちます。

不正防止とお客様の保護

Business-Driven Fraud Management

不正およびセキュリティ チームは、マルウェアとフィッシング攻撃、ゼロ デイ攻撃の脅威、または自社のような企業で日常的に発生するデータ侵害の数について、従業員と間で、普通に話題にしています。ただし、自分たちの仕事の成果を、経営陣の関係者に伝えるのは容易ではありません。このアナリスト レポートは、テクノロジーへの投資の成功を測定するために不正管理チームが使用する主要パフォーマンス指標について、および不正管理チームが自分たちの成果を経営陣に伝える方法について説明しています。

消費者認証ベンダーに対する5つの質問

業界規制の推進要因として、3D Secure 2.0やEUのPSD2(決済サービス指令II)などがありますが、これらは便利な消費者認証の導入を促進するのに役立っています。組織が消費者認証のニーズに対応する新しいテクノロジーを選定する際に、このレポートは、候補となるベンダーに対する実践的な5つの主要な質問からなるチェックリストを提供します。

洞察に基づいたアクション:不正の原因をより迅速に特定

サイバーセキュリティの担当者は、使用する不正検出製品がビジネスをよく理解していれば、コンシューマに対する不正行為の削減が大幅に容易になるだろうということに、広く同意しています。このことは、特にオンライン不正の防止の場合に当てはまります。70%以上の組織が、Webおよびモバイル アプリケーション全体にわたる不正なアクティビティの原因を特定するのに、数日(またはそれ以上)かかると述べています。不正の原因をより迅速に特定するために組織が必要とする可視性を、RSA Web Threat Detectionがどのように提供しているかをご確認ください。

強化されたリスク スコアリングによる詐欺検出の改善

ほとんどの企業がさまざまな不正対策ツールを使用していますが、それらは必ずしも適切に統合されていません。RSA Adaptive Authenticationにより、ビジネスや他の不正対策ツールから洞察を取り込み、不正のリスク評価を強化して、標的型サイバー攻撃からお客様をより適切に保護できます。

お問い合わせ

 
 
 

不正のスピードよりも速くお客様を保護

RSA Fraud & Risk Intelligence Suiteは、デジタル環境全体にわたる不正の検出と調査を強化するために、一元化されたプラットフォームを提供します。RSAの製品およびサービスのポートフォリオは、世界中で15億人以上のコンシューマを保護し、業界をリードする不正検出率を実現しています。RSAが皆様のお客様とビジネスをどのように保護できるかをおわかりいただくために、ミーティングのスケジュールを設定いたします。

お問い合わせ