営業へのお問い合わせ

ソリューション概要

アナリスト レポート

Benefits

  • インテリジェンス主導型の不正防止戦略で有事に備えます。

  • サイバー犯罪者に対するおとり捜査を計画して始動し、そのインフラストラクチャや活動内容を解明します。

  • 換金やクロスチャネル詐欺、ミュール アカウント、アイテム ドロップなど不正行為に関連するエンティティを識別します。

  • サイバー犯罪のアクティビティ、新たな脅威、不正行為の傾向について、最新の情報を得ることができます。

  • 危険にさらされたオンライン バンキングやクレジット カードのアカウントを販売する地下組織の店舗を明らかにします。

  • 自動化されたインテリジェンスの更新からカスタマイズされたレポートに至るまで、インテリジェンスのデリバリについての3層型の柔軟なアプローチを提供しています。

Features

  • Tier 1:一般的なサイバー インテリジェンス

    Tier 1は、フィード ベースの自動化されたインテリジェンスの利用に関心のある組織向けです。フィードはいくつかの形式で利用でき、各種のバックエンド アプライアンス/システムに統合できます。インテリジェンスの内容は、ほとんどが一般的なものであり、新たなサイバー犯罪の脅威やトレンドに関する洞察を提供する脅威レポートへの無料アクセスを含みます。

  • Tier 3:高度なサイバー インテリジェンスの運用

    RSA FraudActionのカスタマーに提供されるTier 3では、ThreatTrackerレポートを通じて、組織のブランドやビジネス オペレーションに関係する脅威のランドスケープの総合的かつ包括的な洞察を得られます。ThreatTrackerレポートは、フィッシングやマルウェア攻撃から収集したインテリジェンスをディープWebの動向と融合させます。攻撃経路、攻撃クラスタ、攻撃の背後にいる人物を可視化します。この階層には、Tier 1とTier 2の成果物すべてに加えて、無制限かつオン デマンドの調査が含まれます。

  • Tier 2:ターゲットを絞ったサイバー インテリジェンス

    Tier 2は、ディープWebにある情報源へのプロアクティブな(人手による)追加調査を必要とする組織向けです。Tier 2にはTier1のすべての機能に加えて、組織のブランドに直接関連する、高度にターゲットを絞った脅威フィードが含まれます。