リスクベース認証

RSA® Adaptive Authentication

RSA Adaptive Authenticationを使用すれば、顧客やトランザクションに影響を与えることなく、マルチ チャネル環境で不正行為やデジタル リスクを管理できます。このプラットフォームは、リスク ベースの認証と機械学習を活用し、Webサイト、オンライン ポータル、モバイル ブラウザ、モバイル アプリケーションにアクセスするユーザーを保護します。

  • 95%の不正行為検出率と低い顧客介入率を実現
  • 年に平均で800万ドルの不正行為による損失を削減
  • 世界中で15億人以上の消費者を保護
リスクベース認証

増え続けるモバイルの不正行為

支払いに関する不正取引の64%がモバイル チャネルを出所としています。

Analyst Report

コンシューマー認証ベンダーの選択に関する重要な考慮事項

コンシューマー認証プロバイダーが組織のオムニチャネル不正行為防止戦略をサポートしているかどうか確認するため、プロバイダーに尋ねる必要がある5つの質問をご覧ください。

レポートを取得

Data Sheet

RSA Adaptive Authentication

RSA Adaptive Authenticationがデジタル チャネルで不正行為を防止するのにどのように役立つか、およびRSA Adaptive Authenticationでサポートされる多数の認証方法をご確認ください。

データ シートを読む

モバイル トランザクション保護

RSA® Adaptive Authentication

RSA Adaptive Authenticationを使用すると、RSAの実証済みの強力なリスク ベースの認証をモバイル トランザクションに簡単に拡張できます。

  • 開発者は、モバイル アプリケーションに管理機能を直接組み込むことができます。
  • 低いお客様の介入率で最大95%の不正行為を検出
  • iOSおよびAndroidTMプラットフォームをサポート
モバイル トランザクション保護

高度な金融マルウェアからお客様を保護

RSA Adaptive Authenticationは、モバイル トランザクション用のトランザクション署名を提供して支払いトランザクションの正当性を保証し、中間者攻撃などの金融機関を標的とした高度なマルウェア攻撃による不正行為と闘います。トランザクション署名は、支払いトランザクションの署名に加えて、認証のより強力な手段として、オプションで指紋やFace IDなどの生体認証と統合できます。

トランザクション署名のデモを見る

モバイル アプリケーションに高度な不正検出機能を追加する準備はできていますか。 ポジティブな顧客体験を維持しながら95%の不正検出を達成するにはどうすればよいかご確認ください。

特長

RSA Risk Engine

RSA Risk Engine

ユーザー行動、デバイス タイプ、RSA® eFraudNetworkからのインテリジェンスを含む100以上のリスク指標を分析する高度なリスク スコアリングと機械学習モデルを使用します。

 ポリシー管理アプリケーション

ポリシー管理アプリケーション

包括的なルール フレームワークを通じてリスク ポリシーを意思決定とアクションに変換し、不正行為管理戦略をカスタマイズできるようにします。

エコシステム アプローチ

エコシステム アプローチ

コール センターやATMなどの他のチャネルからのインテリジェンスとサード パーティ製不正対策ツールからのデータを活用し、不正行為リスクの評価を強化します。

グローバルな不正防止ネットワーク

グローバルな不正防止ネットワーク

確認された不正行為に関する業界で最初の、そして最大のグローバル ネットワークであるRSA eFraudNetworkを活用し、既知の企てられた不正行為に関連する指標を特定します。

モダンな認証方法

モダンな認証方法

生体認証、SMS OTP、トランザクション署名など、リスクの高いアクティビティに対する複数のステップ アップ認証方法をサポートします。

ケース管理

ケース管理

ポリシー エンジン ルールをトリガーするアクティビティをトラッキングし、それらのアクティビティが正当かどうかを判断できます。

SecurID Mobile SDK(Software Development Kit)

SecurID Mobile SDK(Software Development Kit)

組織がAdaptive Authentication SDKを使用して強力なリスク ベースの認証をモバイル製品に統合できるようにすることで、セキュリティと信頼性を高めます。

トランザクション署名

トランザクション署名

支払いトランザクションに関する整合性保証、暗号署名、正統性確認機能を提供し、金融機関を標的とした高度なマルウェア攻撃による不正行為と闘います。

メリット

95%の不正行為検出率と低い顧客介入率を実現するオムニチャネル不正行為防止機能が提供されます。

95%の不正行為検出率と低い顧客介入率を実現するオムニチャネル不正行為防止機能が提供されます。

Webやモバイルの不正行為の大幅な減少につながり、投資を迅速に回収できます。

Webやモバイルの不正行為の大幅な減少につながり、投資を迅速に回収できます。

PSD2やFaster Paymentsなどのグローバル規制や業界標準の要件に対応できます。

PSD2やFaster Paymentsなどのグローバル規制や業界標準の要件に対応できます。

お使いの環境のニーズを満たす柔軟な導入オプション(オンプレミス、またはクラウド ベース)が提供されます。

お使いの環境のニーズを満たす柔軟な導入オプション(オンプレミス、またはクラウド ベース)が提供されます。

3,000以上の組織に導入され、世界中の10億人以上の利用者を保護している実績のあるソリューションです。

3,000以上の組織に導入され、世界中の10億人以上の利用者を保護している実績のあるソリューションです。

RSA eFraudNetworkによって防止される不正行為による損失

Analyst Report

PSD2のための準備

PSD2規制の下での強力な顧客認証、トランザクション リスク分析、および不正検出の要件と、RSAのソリューションがこれらの要件を満たすのにどのように役立つかご確認ください。

レポートを取得

White Paper

2019年のサイバー犯罪の現状

デジタル革命が、2019年の不正行為やその他の形態のサイバー犯罪にどのような影響を与えるかをご確認ください。

ホワイト ペーパーを読む

「RSA Adaptive Authenticationは、当社のユーザーの行動を個別にプロファイリングするとともに、ユーザーの新しい行動を継続的に学習することができました。[RSAの]不正行為検出システムと当社が作成したポリシー ルールにより、当社は不正なアクティビティを検出できます。また、場合によっては、完全に攻撃を阻止することもできます」
Edward Lam
コンプライアンスおよびセキュリティ管理の責任者

Hong Leong Bank

リソース

Analyst Report

ビジネス駆動型の不正防止:投資を促進するリーダーシップ

銀行、クレジット カード発行会社、および加盟店が不正行為防止プログラムのパフォーマンスを評価するために使用している主要なパフォーマンス メトリックをご確認ください。

アナリスト レポートのダウンロード

White Paper

不正の産業化

最新の不正行為攻撃がグローバル ビジネスに与えている影響と、いくつかの組織が産業化されたサイバー犯罪に対応するために使用しているアプローチをご覧ください。

ホワイト ペーパーをダウンロード

データ シート

ブログ

事例

Webセミナー

  • コンシューマー認証プロバイダーに対する5つの質問 RSAの専門家パネルが、コンシューマー認証戦略を策定および実施する際に不可欠な5つの重要な考慮事項、達成するために必要なこと、およびユーザー エクスペリエンスを損なわずに不正行為保護を向上させることの重要性について議論します。
  • オープンバンキング:不正の大波との闘い RSA Fraud & Risk Intelligence Suiteの責任者であるDaniel Cohenは、このBankInfoSecurityとのインタビューでオープン バンキングに対する期待と危機感について語っています。彼の話をお聞きください。

ソリューション概要

  • RSA Adaptive Authentication 連携する環境の構築は、チャネル全体のデジタル リスクに合わせて不正防止のイニシアティブを調整することから始まります。このアプローチではチャネル全体のビジネスのリスクを広い視野でとらえて、サイロと不要な複雑さを削ぎ落とします。RSA Adaptive Authenticationでは、RSAリスクエンジンを搭載したオムニチャネル不正検出ハブを提供することで、これらの課題を解決します。世界中の3,000を超える組織に導入されたRSA Adaptive Authentication は、金融サービス、医療、保険、小売、政府機関など、複数の業界にわたり、10億人以上の消費者を保護します。

ホワイト ペーパー

  • 3D Secure 2.0: 支払い認証における顧客エクスペリエンス 3D Secure 2.0を導入するメリット(銀行および小売業界におけるカスタマー エクスペリエンスへのプラスの影響など)をご確認ください。
  • 3-D Secure: CNP不正防止のためのフォースが覚醒する 非対面の不正行為に関する現在の脅威環境の概要と、3D Secureプロトコルが消費者、クレジット カード発行会社、加盟店のニーズを満たすためにどのように進化しているかをご覧ください。
  • インテリジェンス主導型の不正防止対策 サイバー犯罪は、グローバルな戦い(高度な「サービスとしての詐欺」活動との戦い)に変貌したビッグ ビジネスです。完璧なサイバー ストームが形成されると、それに対処するために構築できる不正防止モデルはほとんどありませんでした。
  • コンシューマー認証ベンダーの選択に関する重要な考慮事項 このレポートは、組織がコンシューマー認証のニーズに対応する新しいテクノロジーを探す際に、ベンダーに尋ねる必要がある質問のチェックリストを提供します。
  • Mobile Eats the World: 生体認証の登場 このホワイト ペーパーでは、コンシューマー アプリケーション向け生体認証の現在のトレンドを検証し、モバイル チャネルにおける保護の変革に、リスク ベース認証がどのように役立つかを説明します。

デモをご希望ですか?

今すぐ無料のデモ版にサインアップし、現行の製品をご確認ください。

購入をご検討ください。

購入は簡単です。RSAのエキスパートにいつでも見積りを依頼してください。