RSAの四半期ごとの不正行為レポート、2018年第1四半期

RSAの四半期ごとの不正行為レポートは、コンシューマに対する不正行為に関する最新の世界的動向を浮き彫りにし、あらゆる規模および種類の組織に対し実践的なインテリジェンスを提供して、より効果的なデジタル リスク管理を可能にします。2018年の第1四半期の注目すべき動向としては、検出されたすべてのサイバー攻撃の48%、モバイル アプリケーションまたはモバイル ブラウザから発信される3つの不正なトランザクションのうち2つを、フィッシングが占めていることが挙げられます。