Protecting Corporate Data When Employees Leave Your Company

従業員が退職するときに会社の重要なデータ資産を持ち出さないようにするため、雇用主はどのような対策をしているでしょうか。Osterman Research社の最近の調査によると、雇用主はこうした不測の事態に対する保護策をとっていないことが分かりました。当社が調査したところ、多くの組織では、データ保護に焦点を当てた情報ガバナンス ポリシー、プラクティス、テクノロジーが、たとえ導入されているとしても、適切には導入されてないことが判明しました。これにより組織は、自己都合や会社都合で退社した従業員に、顧客リスト、企業秘密、財務予測、さまざまな種類の知的財産などの重要なデータ資産を持ち去られる深刻なリスクにさらされています。このホワイト ペーパーをダウンロードし、秘密/極秘データ資産を可視化してその制御を維持しつつ、従業員による重要な資産の社外への持ち出しを防止するために実装できるプロセスとテクノロジーに関するOsterman Research社の調査結果を確認してください。