GDPR: Rethinking How You Think About Personal Data

GDPR(一般データ保護規則)は、単なる新しい個人データ保護ルールではありません。多くの組織にとって、特に歴史的に厳しいデータ保護法を適用してきたEUと比較してデータ保護への対応が厳しくない一部の非EU諸国で、EU居住者の個人データを扱う組織にとって、GDPRは個人データについての考え方を一変させるものです。 

組織全体に広がる個人データの取り扱いに、新しい視点を取り入れるのは難しい仕事になるかもしれません。ホワイトペーパーをお読みいただき、GDPRの概要を理解することが、GDPR準拠を達成するために独自のアプローチをとる組織にメリットをもたらす理由をご確認ください。規制は時を経て進化し、変化する場合がありますが、GDPRが指し示す個人データに関する基本的な考え方は変わらないことでしょう。