金融機関、小売企業、そしてサイバー脅威に対する競争

世界経済を脅かすサイバー脅威が、危険なレベルで増殖しています。これらの脅威は、悪意のあるソフトウェア コード、連続的なDDoS(分散サービス妨害)攻撃、狡猾な企業スパイ活動の形をとり、すべてが、経済的または政治的メリットを犯罪者に与える構造になっています。世界経済で攻撃の対象にならない分野はなく、昨年は、政府機関から公益事業、E-コマース小売企業に至るすべてが、大規模なセキュリティ侵害でトップ記事になりました。このホワイト ペーパーでは、攻撃の背後に潜む組織にとって最も魅力的な2つのターゲット、FI(金融機関)と小売企業に焦点を当てます。